今さら聞けないシーバスのキホン:春~夏のマイクロベイトパターン解説

今さら聞けないシーバスのキホン:春~夏のマイクロベイトパターン解説

魚のほとんどが毎年同じ時期に決まったパターンで釣れます。シーバスにおいては春~夏にかけてマイクロベイトパターンというものが成立します。今回はそのパターンについて解説します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

檜垣修平

こんにちは。檜垣修平と申します。海でのルアーフィッシングをメインにシーバス、メバルと遊んでおります!オールリリース派です。よろしくお願いします( ・∇・)

×閉じる

ソルトルアー ショア

こういうポイントが狙い目!

最後に、狙い目となるポイントを紹介します。

河川

マイクロベイトパターンで最も狙いやすいハクが遡上してきます。河川筋は水深も浅くハクを視認しやすいので、ポイントとなる場所の目星を付けやすいです。水が溜まる水門付近や流れ込み、用水路周りなどは特に要チェックです。また、橋脚の後ろにできるヨレなどにも溜まりやすく、シーバスが待ち伏せできる場所にもなるので、橋脚の下流側も忘れずチェックしましょう。

河口の常夜灯周り

常夜灯には多くのプランクトンが集まります。それを食べにきたマイクロベイトも集まってくるので、そこで食物連鎖が起こります。さらに、ハクが川を遡上する通り道となる河口では、確率がグンと上がるでしょう。

河川の中~上流域

シーバスは完全な淡水域まで上がってくる魚です。堰などがなく、魚が海から上がってこれる川であれば、ある程度水深があってそこにエサが居るならば遡上してきます。川幅が狭くなればアングラー側は魚を探す時間がぐっと減りますし、ポイントを見切るかの判断も容易になります。意外と住宅地の裏を流れるような場所にもシーバスは潜んでいますのでチェックしてみてください。

今さら聞けないシーバスのキホン:春~夏のマイクロベイトパターン解説ビッグな1匹を仕留めよう!(提供:TSURINEWSライター檜垣修平)

<檜垣修平/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。