【東海2021】春のサビキ釣り攻略 釣果を伸ばす3つのポイントとは?

【東海2021】春のサビキ釣り攻略 釣果を伸ばす3つのポイントとは?

春というタイミングは、多くの魚が活発に動きだすタイミングである。しかしまだ冬を引きずった魚もいるのも事実。今回は東海地方の春のサビキ釣りの攻略法を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター古川竜也)

古川竜也

渓流釣りからロックショアまで、様々な釣りをしています。時期に合った旬な釣り情報をお届けします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

下処理方法と料理

釣れた魚はしっかりと下処理をした上で調理したい。まず、釣れた魚はアミエビをたくさん食べているため、内臓は可能であれば釣れた日のうちに処理して綺麗にしよう。その後ウロコ、エラを落とす。面倒であれば、頭ごと落としてしまっても問題ない。そしてアジの場合はゼイゴも忘れずに落とす。ここまでが下処理となる。

【東海2021】春のサビキ釣り攻略 釣果を伸ばす3つのポイントとは?下処理を終えた魚(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

下処理を終えたら、サイズが大きければ刺し身が最高だ。ボラも冬の期間は寒ボラと言われるように、刺し身でも臭みがなくおいしい。サイズが中型以下であれば、開きにしてフライや天ぷらなどが最高である。

【東海2021】春のサビキ釣り攻略 釣果を伸ばす3つのポイントとは?釣果で作った刺し身(提供:TSURINEWSライター古川竜也)

以上、早春のサビキ釣りについて紹介した。ハイシーズンに比べるとまだまだ釣れる魚種は少ないが、寒い時期は魚がおいしいため、釣れた後にもいい思いができる。寒さ対策をしっかりして、ぜひサビキ釣りに出かけてみてはいかがだろう?

<古川竜也/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。