波止アジングでバラシ連発 「春アジ」の気配は濃厚?【大阪・泉大津】

波止アジングでバラシ連発 「春アジ」の気配は濃厚?【大阪・泉大津】

泉大津に良型が回っているとのアジング情報を得て車を走らせた。筆者にとっては初場所となるエリアで、惜しくも本命は獲りきれなかったが感触はあった釣行をレポートしたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

汐見埠頭からスタート

釣行当日の状況は、次の通りだ。

日時:3月19日 17時~24時
天候:晴れ 微風
潮回り:小潮 23時頃満潮
海水温:12℃弱

時合い前には有名な汐見埠頭に到着し、準備を始めた。周りにはサビキ師の姿が多い。サビキ師の近くでのアジングでは、サビキが流れてくる「潮下(しおじも)」に入らせてもらうのがコツだ。

波止アジングでバラシ連発 「春アジ」の気配は濃厚?【大阪・泉大津】汐見埠頭で釣りスタート(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ただ、この日は小潮で零時近くに潮が上がりきる。実際、リグを水中にふわふわと漂わせていても、正面から右へも左へもいかず、風もないので、キャストした方向からすーっと戻ってくる。潮がほとんど動いていないので、潮下も何もない。

よって、どちらかといえば、時合いのパターンを意識した。1.5g、2gあたりの重めのジグヘッドを投げ、縦に速いファストフォールの釣りで、ベイトフィッシュなどを追いかけているアジを狙った。

サビキはポツポツアジングは不発

汐見埠頭、不発。かすりもしなかった。アタリもなし。サビキ師もポツポツという程度だったので(ただ型は非常によかった)、この日は活性があまり高くなかったのだろう。

キワを打って根がかりし、ロストしかけたマイクロメタルを無事外せて回収できただけよかった。ボトムにいくと、藻がついてくる。下はつまり藻が入っているので、春の産卵にも適しているだろうし、藻場が好きなアジやイカなどは、秋にはいいだろう、という印象だけ頭の中にまとめて移動した。

明暗ポイントで乗せバラシ

初場所で、わりと急に来ることを決めたものなので、実はここから先、私の釣りのプランはない。どうしようかな、と暗くなってきて困りながら車をよろよろ走らせていると、本当にごく普通の路上で、ガソリンスタンドの光が当たるポイントを見つけた。

波止アジングでバラシ連発 「春アジ」の気配は濃厚?【大阪・泉大津】ガソリンスタンド横に明暗ポイント発見(提供:TSURINEWSライター井上海生)

一投すると、すぐアタった。そこで、近くのパーキングに駐車してサオを出す。水深1.5mあるかないかのシャロー、巨ボラの姿が見えるほぼ用水路的な場所だ。0.4gのヘッド、小さめのワームで、5カウント~7カウントくらいにじわーっとワームを定位させていると、食った。

ドラグが大きく鳴く。一瞬、水面に白っぽい体色が浮かび上がった。あ、でかい、ドラグ締めなきゃ、追いアワセ入れなきゃ、と思った直後、外れた。

その後も二、三度乗せバラシした。まったくなんということか、およそ誰にも叩かれていないような穴場、ポイントも絞りやすい小場所を、自分ひとりのスキルの問題でスレさせてしまった。執念深く打って、底で小さなカサゴだけきた。

波止アジングでバラシ連発 「春アジ」の気配は濃厚?【大阪・泉大津】残念賞?ボトムで小カサゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次に狙うときは、もう少しハリを大きくして、アワセも入れないと、と反省する。

次のページで春アジ今後の展望を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。