エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:初めての道具選び

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:初めての道具選び

チョイ投げ竿で大物を釣ってみたいという方に朗報。春はエサで簡単にシーバス(スズキ)が釣れます。ここでは初心者でも夢を掴むためのタックルを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

海釣り 堤防釣り

竿はファミリーフィッシング用でOK

フッコクラスを狙うならば、パックロッドで大丈夫です。市販のファミリーフィッシング用で長さ1.8m前後、リールも付属の物で良く、ミチイト3号が巻いてあれば大丈夫です。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:初めての道具選びパックロッドとリール(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

仕掛けは中通しぶっ込み仕掛け

竿とリールをセットしたら、仕掛けを結びます。釣り具店で350円前後で買える市販のセイゴ仕掛けをオススメします。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:初めての道具選び市販の中通し仕掛け(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

ミキ糸3号、ハリスは最低2号以上のものを選んでください。オモリは7号前後、中通しタイプで、アタリをダイレクトに取ることができる仕掛けを選ぶと釣果アップにつながります。

鈴は必需品

仕掛けをセットしてエサをハリに房がけにして、ポイントに投げ込んだら、糸フケを取ってじっくり待ちます。

この時役に立つのが、竿先のガイドに挟むタイプの鈴です。釣り具店で2個150円くらいで購入できます。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:初めての道具選び鈴は必需品(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

鈴を付けるとアタリは強烈にジリジリ!と出ます。また、複数の竿を出していても、鈴が鳴ればアタリを逃さずに対応できます。

ストリンガーもあると便利

釣れたフッコはなるべくリリースしたいものですが、家族にオカズを頼まれたなど、キープする場合は、ストリンガーがあると便利です。

エサを使った『チョイ投げシーバス』釣りのススメ:初めての道具選びストリンガー(提供:TSURINEWSライター菊池英則)

フッコの下アゴに穴を開けて金具を通して、逃げられないようにしてから、ロープを手元で固定して運河に静かに沈めます。気温の高い季節は魚が傷みやすいので、生かしてのキープが良いでしょう。

ただし、2尾以上キャッチした場合などは、なるべくリリースするか、より大物が釣れたら、ストリンガーでキープした魚と交換するなど、乱獲はしないよう心がけましょう。

<菊池英則/TSURINEWSライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。