『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:シーバスヒット時の対応

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:シーバスヒット時の対応

ライトゲームにおいてシーバスは定番のゲスト。春に向けては「バチ抜け」というシーバスのシーズナルパターンにハマって、連発することもある。確実な獲り方を覚えておきたい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

シーバスを獲るキモはドラグ

心がけとして、「獲れる」と思うことが第一ではないかと筆者は考える。

湾奥や漁港周りについているシーバスはそんなに強く引く魚ではない(ヒラスズキに関しては未知なので、私はなんともいえない)。ただ中型から大型になると、魚体に対する水の抵抗がかかりやすくなるので、そこでラインの力に頼ろうとすると、魚の引きでなく、水の抵抗で切れてしまう。逆にいえば、そこをクリアすれば、ほとんど確実に獲れる。

『陸っぱりライトゲーム』ステップアップ解説:シーバスヒット時の対応40cm級のシーバスが頻発する春(提供:TSURINEWSライター井上海生)

ライン要件としては、アジング用にエステル0.25号、メバル用にPE0.25号でも70cm級までは必ず獲れる。ただ、ストラクチャー絡みで大型をかける可能性があるときには、根擦れ対策として、リーダーは100cm程度とっておく必要がある(こうなるとアジングはやりにくいが、仕方がない)。

キモは「ドラグ設定」だ。これに尽きる。緩めに設定して、ラインブレイクを防ぎ、泳がせに泳がせて、バテて浮いたところを寄せて、ランディングに持ち込む。

やり取りの注意点

サオでリフトしようとすると、シーバスやチヌのような魚は必ずバレか、テンションがかかった状態でリーダーが歯や魚体に引っかかってしまって瞬間的な首振りなどで切れる。そのため、サオの角度はフツー程度に。サオ先を頭近くまで上げるような釣り方をしない。

白身の魚は必ずバテる、ドラグの出るままに泳がせて寄せる。サオでリフトしない。じわじわと弱ったところを、慎重にタモ入れする。これがシーバス、チヌの獲り方として、心に留めておくことである。

エラ洗い対処

シーバスがその他のゲストと決定的に違うのは、エラ洗いをすることだ。水面でバシャバシャと口元を出して振る。ここでジグヘッドが口元で暴れてしまい、外れてしまいやすい。

エラ洗いには、サオ先の操作で対処する。シーバスが海面まで浮いてきたら、エラ洗いするタイミングでふっとサオ先を下げて、ラインテンションを抜いてやるのだ。そうするとジグヘッドが口元で暴れにくくなり、ちゃんとハリ先がかかりドコロに食いついてくれる。

ただ厄介なのは、遠くまで泳いで沖で突然エラ洗いされるか、バイト直後にエラ洗いされるかで、これに関してはタイミングを見てサオ先を下げようがない。ドラグがうまく滑ってくれるように、緩めに入れておくしかない。

次のページでランディングの極意を紹介!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。