『メバリング』ステップアップ解説:ベイトフィネス使用のメリット5選

『メバリング』ステップアップ解説:ベイトフィネス使用のメリット5選

近年リールが目ざましい進化を遂げ、ベイトリールを用いたタックルでのメバリングが可能となった。今回はベイトフィネスでメバリングをするメリットを紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター山下洋太)

山下洋太

フィールドは三浦半島及び伊豆半島の地磯。ターゲットはロックフィッシュ。年間釣行回数は300回以上。

×閉じる

ソルトルアー ショア

キャスト練習は必須

ベイトフィネスでのメバリングは非常に楽しくメリットも多いが、ベイトリールの扱いに慣れるまではバックラッシュによるライントラブルが起こりやすい。そのためキャストの練習が不可欠となる。

その際に最初から1g台のルアーから練習するとバックラッシュが多発してしまう。そのため3g~5gくらいの投げやすいルアーから練習することをオススメする。

<山下洋太/TSURINEWSライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。