今さら聞けないルアーのキホン:『バルサ』製ルアーの長所短所&使い所

今さら聞けないルアーのキホン:『バルサ』製ルアーの長所短所&使い所

バルサルアーをご存知ですか?バルサ材(木)のルアーは一定層のアングラーから根強い人気があります。今回はそんなバルサルアーの魅力や強みについて書きたいと思います。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター川上克利)

川上 克利

身近で楽しめる釣りを主に執筆していきたいと思います。個人的には淡水の釣りが多いですがソルトゲームも手を出します。

×閉じる

その他 お役立ち

バルサ製ルアーとは?

バルサルアーとはバルサ材(木材)で出来ているルアーの事です。多くのバルサ製ルアーは木製のボディにヒートン(ねじ込み式のアイ)を刺すか、ボディの中に針金を通してアイなどの部分が作られています。

今さら聞けないルアーのキホン:『バルサ』製ルアーの長所短所&使い所ヒートン(提供:TSURINEWSライター川上克利)

バルサ製のルアーはプラスチックや樹脂製のルアーに比べると種類は少ないのですが、昔から根強い人気を持っています。

バルサ製ルアーの強み

そんなバルサ製ルアーでに根強い人気があるのは、バルサ製ボディが他にはない特有の強みを持っているからです。まず、バルサ製のルアーはプラスチックや樹脂製のルアーに比べて魚の反応が良いとされています。一説によるとルアーから出る波動が樹脂やプラスチック製のルアーに比べて本物の魚(ベイトフィッシュ)に近いとされています。

実際に何かしらの検証などがされているわけではありませんが、樹脂製のルアーに比べて明らかに反応が良いとされるのがルアーマンの間での定説となっています。違う考え方のアングラーの方もいるようですが、この説については筆者自身も釣果で実感しているのでバルサルアーに何らかの力がある事は確実でしょう。

もう一つは「耐久性」です。樹脂製のルアーの多くはボディの中は空洞になっているのですが、バルサルアーは中が空洞になっていません。

今さら聞けないルアーのキホン:『バルサ』製ルアーの長所短所&使い所樹脂製ルアーとバルサ製ルアー(提供:TSURINEWSライター川上克利)

その為ミスキャストなどでどこかにぶつけてしまっても「浸水しにくい」という強みがあります。同じ理由から牙の鋭い魚、顎の力が強い魚に対しての耐久性能も高いです。

バルサ製ルアーの弱点

強みのたくさんあるバルサ製ルアーですが、バルサ製ルアー特有の弱みもあります。バルサルアーのモデルにもよりますが、基本的にバルサ製ルアーというのは飛距離があまり出ません。理由として、比較的新しいタイプの樹脂製ルアーに採用されている「重心移動システム」をバルサ製ルアーに搭載するのが難しいという事が挙げられます。

その上、バルサ製ルアーは樹脂製のルアーに比べて種類が少ないので、自分の欲しいスペックのルアーがなかなか見つからない事があります。加えて、ハンドメイドや一点物のバルサルアーは非常に高価になる事もあるのでなかなか手に入れにくいです。

次のページでバルサ製ルアーの使い所を解説!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。