東京湾の船マゴチ釣り満喫 本命かすむ特大ヒラメ登場【深川・吉野屋】

東京湾の船マゴチ釣り満喫 本命かすむ特大ヒラメ登場【深川・吉野屋】

近年、冬~春にかけて浅場で狙えるターゲットになったマゴチを狙って、3月4日、深川木場の吉野屋から釣行しました。本命はもちろんヒラメもゲットした釣行をお届けします。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 富士村彩花)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

吉野屋でマゴチ釣りに挑戦

夏のイメージが強いマゴチ釣りですが、最近は冬~春にかけても水深5~20mの浅場で狙えるターゲットになりました。本命のほかホウボウやヒラメ、トラフグなどゲストも高級魚ばかり。魚が掛かったときにはロッドのバット部分にドーンとくるのでファイトがとても楽しい大好きな釣りものの一つです。

そんなマゴチを狙って、3月4日(木)、東京湾深川木場の吉野屋から釣行しました。

エサ付けとタナ取り

定刻に出船、水深13mのポイントに到着すると船長からエサのサイマキが配られます。マゴチ釣りはエサ付けがとても大事。頭にあるツノを折ったら、エビの口側から足をかき分け、ハリがスッと通るところを探ります。

ツノを折ったあたりからハリ先を少しだけ出るようにセット。この時、うっかり頭の黒い部分に刺してしまうと死んでしまうので要注意。なるべく活きのいい状態で海のなかへ送り出します。

エサ付けができたら仕掛けを投入。オモリが底に着いたらミチイトのたるみを取って、1m竿先を上げます。

東京湾の船マゴチ釣り満喫 本命かすむ特大ヒラメ登場【深川・吉野屋】タックル例(作図:週刊つりニュース関東版 富士村彩花)

タナを取り直すときは逆に1m下げる。こうすることで何度もクラッチを切ってタナを取り直さなくても済むので、一日を通してチャンスを広げることができます。

「とにかくこまめにタナを取り直すことが大事だよ!」と船長からもアドバイスをいただきました。サイマキが底上スレスレを泳ぐイメージ。

渋い釣況も船中ポツポツ

この日は潮がほとんど流れず、開始早々から苦戦モード。とにかく全体的にアタリが少ないので、船長も頑張っていろいろなポイントを回ってくれました。

たまにくる前アタリは、いつもより控えめ。ガツガツというより、なんとなくモッサリしたイカがかじるような小さなシグナルです。それでも、次第に船内ではぽつぽつとマゴチが取り込まれていきます。

東京湾の船マゴチ釣り満喫 本命かすむ特大ヒラメ登場【深川・吉野屋】マゴチとヒラメ(提供:週刊つりニュース関東版 富士村彩花)

眠気吹き飛ぶ待望のアタリ

11時をすぎたころ、ついにその瞬間が訪れました。ポカポカ陽気で波静か。思わずうつらうつらしていたら、竿先がグ~っと押さえ込まれるようなアタリ。久しぶりの反応に眠気は吹き飛び、一気に超集中モード。

ここからのやりとりはとにかく慎重にしなければなりません。魚が食いついているのを確認するため、ほんのちょっとだけ竿先を聞き上げて反応を見ます。「お、まだいる…」と実感できたら竿先を少しだけ下げて送り込み、ググッと入り込んだタイミングで気持ちを込めてひと思いに大きくアワせる。ガツンと乗った瞬間がたまりません。

次のページで豪華なゲストが登場

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。