『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』のキホン:基準とすべき重量は「1g」?

『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』のキホン:基準とすべき重量は「1g」?

アジ・メバルではジグ単の釣りが基本となる。そして、ジグヘッドの要素の中でもウェイトは重要で、1gアンダーか、1g以上かで釣り方、リグの操作方法がまったく異なる。

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

ジグ単リグのウェイトの重要性

形状とシャンク長さえ合っていれば(つまり釣りものに対する基本的なセッティングができていれば)、ジグ単の釣りの重要度として、ジグヘッドのウェイトが9割程度を占める。

アジ、メバルといった対象魚はその魚がいるレンジ(水深)に狙いを絞って打つことが最優先事項で、ではどのようにレンジキープ、またはサーチするかというと、それはヘッドの重さしかない。極端な話ではなく、0.05gの差でも、魚の食いが明確に変わることもある。

とはいえ、準備するヘッドウェイトは、基本的には0.2g刻みでいいだろう。1gから0.2g刻みで上下するヘッドウェイトの展開が、大体ジグヘッドのメーカーからは出ているはずだ。

1gアンダーの釣り

0.8~0.2g程度、いわゆる1gアンダーの釣り。これが近年のライトゲーム、とりわけアジングでの主流になる。リトリーブにはまったく口を使わないスレたメバルも、1gアンダーで釣る。

『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』のキホン:基準とすべき重量は「1g」?スレたメバルも軽量リグで攻略しよう(提供:TSURINEWSライター井上海生)

1gアンダー、大体0.6g以下となると、ドシャローの表層巻きを除いて、ほとんどリトリーブでは使えない。このヘッドウェイトは、「漂わせ」の釣りに適するものだ。

アジのレンジキープ釣法。メバルのレンジキープ釣法。また、カサゴやデイメバルなどを狙う「ボトムふわふわ」。こういった、軽量ヘッド+1.5~2inchワームと合わせてほとんどリグに重量感を持たせず、任意のレンジをキープする、または漂わせる釣り。これがジグヘッドウェイト1gアンダーの基本的な世界観となる。

実釣中の釣り人の作業は、ラインメンディング、そしてリグがどこにあるかを確認する意味での、軽いサオ先のシェイクくらいだ。リーリングはラインスラックを取るだけ、また優しいロッドワークが主で、おそらく性に合わない人も多いだろうが、1gアンダーのジグ単で一般的な操作方法はこれになる。

1g以上の釣り

1.2~1.5g、または1.8g程度。2g未満のジグヘッドで、ワームと組み合わせると、比較的重量感がはっきりと感じられる。これくらいの重量のジグ単の釣りは、リトリーブが主体になる。

メバル&カサゴ

たとえば1.2gでシーズン序盤の高活性なメバルの、波止際のトレース。これは巻きでテンポよく探る。カサゴのボトムリトリーブも1g以上のジグ単の定番だ。

または、オープンウォーターに打って、ある程度レンジを入れてのリフト&フォールでのアジング。その他、遠くに魚がいる場合、ともあれ飛距離が出ないと話にならないので、やはり1g以上を使う。

しかし、メバルやカサゴなどを狙うときには、1g以上といっても、反応する最軽量のジグヘッドを使いたい。本当に0.2g程度の重さの違いで、魚のバイトを弾いてしまうことがあるからだ。

『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』のキホン:基準とすべき重量は「1g」?1g以上でもヘッドウェイトはなるべく軽く(提供:TSURINEWSライター井上海生)

アジ

一方でアジに関しては、「1g以上でなるべく軽く」の基本パターン外もある。たとえばマヅメ時などは、速めのフォールスピードに反応することが多いので、1.2gでも普通に反応するところを、1.5gに変えてもっと食い気のあるやつを数釣る。

またまれにあるのが、常夜灯下の表層や壁のベイトフィッシュパターンだ。アジはベイトフィッシュを必ず「表層」という上の壁(水面)や、まさしく「岸壁」という横の壁に追い詰めて食う。このタイプのアジを狙う場合には、1g以上のジグヘッドで表層、または壁付近で大きめのシェイクを入れて誘った方が、きれいにパターンにはめて数が釣れる。

『ジグヘッド単体リグ(ジグ単)』のキホン:基準とすべき重量は「1g」?常夜灯下のアジは重めのジグ単で(提供:TSURINEWSライター井上海生)

次のページで「2g・3g」の使い所を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。