クロダイを「コーン」や「スイカ」のエサで釣るための条件とは?

クロダイを「コーン」や「スイカ」のエサで釣るための条件とは?

釣り人なら一度は聞いたことがある「クロダイはコーンで釣る」。その真相に迫ります。

(アイキャッチ画像提供:PhotoAC)

TSURINEWS編集部

その他 サカナ研究所

ひとまず口に入れる習性

地域によってクロダイ釣りのエサはアサリ、カキ、カニ、カラス貝等の貝類、押し麦など非常に多岐にわたります。

また、クロダイは上から落下するものには積極的に反応し、浮遊するものも食べられそうだなと判断すれば、とりあえず口に入れ、食べられ無いものであれば吐き出す習性があります。

しかし、この習性はエサに困っている時にしか現れないと言います。そのため、上から落ちてくるものがあっても、エサに困っていない時期だと全く見向きもしません。

普段からカニしか食べていないクロダイだと「カニやカラスガイにしか反応せず、オキアミでは全く釣れない」というような状況が起こります。

コーンやスイカをエサにできる条件

では、コーンやスイカでどうやってクロダイを釣るのか。それにはまず、クロダイがコーンやスイカに慣れているという最低条件が必要になります。

たとえば、筏釣りが頻繁に行われている内湾などでしょう。このような場所だと日々様々なエサが用いられているため、クロダイの目も肥え、彼らもコーンやスイカは食べられるものだと認識しています。

そのため、コマセに混じって落ちてくるコーンには積極的に反応し、釣ることが出来るのです。

反対に、市街地を流れるような河川で急にコーンをエサにクロダイを狙ってもほとんど釣ることはできないでしょう。

・コーンやスイカに見慣れている
・一度食べたことがある

これらの条件がコーンやスイカでクロダイを釣る条件になってくるようです。

クロダイを「コーン」や「スイカ」のエサで釣るための条件とは?コマセに紛れたコーンは食べる(出典:PhotoAC)

いきなり試しても失敗する可能性大

先にも記載しましたが、新しいポイントでクロダイを見かけたからといって、コーンでは高確率でクロダイを釣ることはできないでしょう。

しかし、これはクロダイ釣りのエサの大本命でもあるカニでも同じことが言えます。筆者が以前通っていたポイントでは、カニでは釣れず、活きたウタセエビでしかクロダイは釣れませんでした。

これはその町が漁村で、漁師さんが漁で余ったウタセエビを毎日廃棄していたという背景があったからです。

クロダイを狙って新しいポイントを訪れる際は、地元の釣具屋さんで何で釣れるのかヒアリングをしてからが望ましいでしょう。

その土地に合ったエサが必ずあるので、もしかしたらカニよりもコーンやスイカの方が簡単にクロダイを釣ることが出来るかもしれません。

スイカでクロダイが釣れる? 夏に盛期を迎える『スイカ釣り』を紹介

<近藤 俊/サカナ研究所>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。