東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】

東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】

金沢八景(瀬戸橋)の荒川屋で、「花見ガレイ」狙いが開幕した。釣果を見ていると良型が上がり始めたので、3月1日に釣行。本命2匹を仕留めたのでリポートする。

神奈川県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

荒川屋で『花見ガレイ』狙い

東京湾の味覚の王者・マコガレイは数を減らし、乗合船を出している船宿は真冬の産卵期に休船。希少な資源を守ろうと努力している。

金沢八景(瀬戸橋)の週刊つりニュース協定・荒川屋はその一軒で、肉厚が魅力の晩秋~初冬と、古くから「花見ガレイ」と呼ばれ魚が元気に泳ぎまわる春先に出船。私はこの2回の釣行を楽しみにしている。

東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】タックル図(作図:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

我が家の庭先の梅花が満開になった2月下旬、40cmオーバーの良型がゾロゾロと上がり始めたので、3月1日(月)に釣行した。

同船者は須田さんと緒方さんの2人。それぞれ左右のトモに入ったので、私は右舷のミヨシ寄りに釣り座をとった。

東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】釣り座の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

店直下の船着場へ下りるとシロギスとLTアジの船が横付けされていて、これら2隻が出船した後にカレイ乗合船に振り当てられた第三山下丸が横付けされた。桟橋に置かれた氷をクーラーに入れて、貸し出し用バケツと雑巾を持って各自が選択した釣り座に入るとエサの青イソメが配られた。

1時間アタリなく難渋

8時。山下光昭船長の操船で桟橋を離れる。航程10分で小柴沖水深12~13mの釣り場に到着。船が潮回りをしている間にエサ付けを済ませる。間もなく船首からアンカーが打たれ、8時15分に「はい、どうぞー」と投入OKの合図が出た。

到着時の釣り場の海況は晴れ、風は北1m前後と弱く海面はナギ。潮は澄んだ緑茶色で少し暗いのが気がかりだ。

3人とも竿は3本出し。私は2本を両軸リールの置き竿にして船下を狙い、残りはスピニングタックルで30mほど投げて広く探る作戦。前者のイトの立ち方を見ると潮の流れは右舷トモ方向だったが、大潮とは思えないほど流れは弱い。

案の定、1時間経ってもエサ取りのアタリすらなく、船長から「ロープを伸ばしますので、仕掛けを上げてください」とアナウンスがあって、船は南東へ2艇身ほど下がった。

39cm本命ヒットに活気

すると、右舷トモに入っていた緒方さんが3m近い長竿を持って「船長、来たよ」とリールを巻きだす。

東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】ファーストヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

掛かったのは実測39cmの本命。仕掛けはハリス2号のカレイバリ12号で、先バリのチモトに1cmほどのナツメ型フロート(朱色)をセット、その前後を3種類のビーズで挟み配した自作。

東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】自作仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

このファーストヒットで船中では一気に緊張がほぐれた。すぐに左舷のトモの須田さんにヒット。船長のタモ入れで取り込まれたのは70cm級のスズキで、カレイの仕掛けで釣り上げるとは名人技だ。そんななかで私が釣ったのはきれいな薄紫色のヒトデだけ。

東京湾『花見ガレイ』釣りが開幕 潮がわりに本命マコ2連発【荒川屋】同船者にはスズキがヒット(提供:週刊つりニュース関東版APC・木津光永)

次のページで筆者にも本命ヒット!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。