【九州2021】渓流釣りの代表的「エサ」7選 使いどころと採取方法

【九州2021】渓流釣りの代表的「エサ」7選 使いどころと採取方法

釣具店で手軽に入手できるイクラ、ミミズ、ブドウ虫に、最も食いの良い川虫と、渓流釣りのエサは様々。今回は、具体的にどのようなエサがお勧めなのか紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

イクラ

解禁直後の初期と禁漁前の後期は、特に食いが立つ。イクラの中身が弾けて水中に匂いが漂い、渓流魚も本能的に狂うようにイクラを漁り始める。イクラのポイントは、流れの緩い淵が良く、何度もイクラを投入したり、流し切りで空アワセすることで集魚効果となり、1か所で粘る釣りになる。

イクラは、べた付いたり、ハリ持ちも悪いので、小麦粉をまぶすと改善する。ハリには、3粒程度、皮を掬うように刺す。釣り用イクラではなくて、鮮魚店で売られている生イクラがよいだろう。

ブドウ虫

乳白色の蛾の幼虫で、常に釣具店で売られている。体長20~30mm程度で、軟らかく、目立つ色から食い込みもよく、ブドウ虫専門の釣り師もいるほどだ。ただし、1箱600円前後と高価。

【九州2021】渓流釣りの代表的「エサ」7選 使いどころと採取方法エサのつけ方(提供:週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞)

オールシーズン使える万能エサだが、特に朝夕のマヅメ時や水生昆虫が羽化する初夏以降の源流~渓流域で使うと釣果も上がるだろう。

ミミズ

言わずと知れた川釣りのエサとして名高く、アピールする動きと動物性たんぱく質で淡水魚を惹きつける。特に、野生のミミズが多く発生する5~6月以降は外せないエサであり、雨後の濁りと増水時に使用すると爆釣する場合がある。尺物釣りにも外せない。

市販ミミズでも十分釣果も得られるが、匂いの強い天然ミミズが確保できるなら、なおさら良いだろう。天然ミミズは、周囲に牛舎などがある田畑には多く生息している。

<週刊つりニュース西部版APC・津曲隼丞/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年3月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。