解禁日にヒレピンアマゴと再会 出勤前の短時間で2ケタ釣果【長良川】

解禁日にヒレピンアマゴと再会 出勤前の短時間で2ケタ釣果【長良川】

2月13日、ホームグラウンドの長良川郡上漁協管内の渓流釣りが解禁したので、早速釣行してきた。この時期にしては良型の20cmを頭に、2ケタ釣果を得た釣行をリポートする。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

落部川で渓流釣り

当日は土曜日なので仕事があり、仕事前の短時間の釣りになる。入川したのは岐阜県・郡上大和の支流落部川だ。東海北陸自動車道の「ぎふ大和」インターを降りてすぐの所にある川だ。

川幅は広くないし護岸された場所が多い川だが、各所に小エン堤があり初期のアマゴ釣りでは実績のある川だ。午前5時に起床し、ポイントである新向橋に到着した。まだ辺りは真っ暗だ。車内で暖を取り、夜明けを待つ。

タックル&エサ

午前6時半ごろに辺りが薄っすらと明るくなってきた。「よし、行くぞ」と川へ降りる。新向橋の1本下の下島橋から釣り上る。サオはズーム式、イトはフロロカーボンライン0.175号、ハリはカッパ極3号、エサはイクラでスタートした。

解禁日にヒレピンアマゴと再会 出勤前の短時間で2ケタ釣果【長良川】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

18cmのヒレピンアマゴ登場

小エン堤上流のちょっとした深みから探ると、3投目ぐらいでグイグイと引き込むアタリ。だがアワセが早かったのかアワセミス。同じ筋を再度流すと、再びアタリを感知。今度は少し待ってからアワせると、確かな重量感が伝わってきた。

そして18cm級のヒレピンアマゴがタモへ。同じポイントで16cmを追加し釣り上る。今度は少し浅い瀬。その浅瀬のちょっとした深みを探るとすぐにアタリが出たが、またまたアワセミス。やっぱりアワセが早い。心で「今日は少し遅めのアワセ」を心がける。

そして再び同じ筋を流すとヒット。そして遅めのアワセでタモに収まったのは、20cmクラスのこの時期としては良型のヒレピンアマゴだ。

解禁日にヒレピンアマゴと再会 出勤前の短時間で2ケタ釣果【長良川】この時期としては良型の20cmのアマゴ(提供:週刊つりニュース中部版APC・松森渉)

大石周りをゆっくり流す

しかしその後はさっぱりで新向橋まで来た。橋のすぐ下の小エン堤の流れ込みを座り込んで探っていくと、コンコンと小さなアタリ。少し待ってからアワせるとグングンと引き込むアタリ。しっかり弱らせてから引き抜いたアマゴは、20cm級で少しサビが抜け始めたアマゴだった。

そして新向橋真下ではまさかの今季初ウグイ。太陽が出始めたのでエサをキンパクに替えて狙っていく。大石周りの深みを流すと一発だが、これはリリースサイズ。流れが速い瀬ではやはりアタリは出ない。

大石周りに狙いを絞って、重めのオモリでゆっくりと流していく。アタリが出れば、少し待ってからアワせるパターン。初期の方程式だ。

次のページで最終釣果と今後の展望を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。