まずはここから覚えたい『陸っぱりライトゲーム』用語集:ライン関連

まずはここから覚えたい『陸っぱりライトゲーム』用語集:ライン関連

シンプルな道具で手軽に楽しめることで人気の『陸っぱりライトゲーム』。その用語には横文字が沢山。今回は中でもラインに関する用語を解説していきます。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

ラインの種類

まずはライトゲームで使用するラインの素材の種類から。

ナイロンライン

ナイロン製のライン。基本的にあまりライトゲームまたルアーフィッシングゲームでは使用されないが、使い捨て的に使用する釣り人が一部いるようだ。

フロロカーボンライン

フロロカーボン製のライン。擦れに強いという特徴を持つ。巻きグセがつきやすいのが難点だが、リーダー要らずでそのまま直結できるので、特にメバリングやカサゴゲームで本線として使用するアングラーも多い。基本的にはショックリーダーとして使われるラインだ。

エステルライン

ポリエステル製のライン。主にアジングで使用される。水に対する比重がおよそ1.38程度と水なじみがよく、軽量リグがよく飛び、またきれいに沈む。ただし、張力限界は弱く、0.3号でも1.5lb程度しかない。ドラグをうまく使って魚とやりとりしよう。

PEライン

メバリング、カサゴゲームの本線、またアジングでも主候補となる、ポリエチレン製のライン。号数に対する張力限界が強く、0.3号でも6lb程度と約3kgの負荷に耐える。また非常に飛距離が出て、感度もナイロン、フロロと比べると段違いにいい。ただし擦れに弱いという欠点があり、ショックリーダーの使用は必須。

まずはここから覚えたい『陸っぱりライトゲーム』用語集:ライン関連ソルトルアーはPEラインが主流(提供:WEBライター・井上海生)

ライン号数関連

では、各釣り物別・ラインの種類別のイトの号数を確認しておこう。

カサゴゲーム、メバリングのライン号数

ライトロックフィッシュとして代表的なこの二種を狙う場合の号数は、フロロなら1.5~2.5lb程度。エステルラインはメバリングにしかほとんど専用には使えないが、0.3号または0.4号。PEラインは0.2号~0.3号が一般的となる。

アジングのライン号数

エステルライン0.2号~0.3号が推奨される。一般的にエステルは細い号数ほどバックラッシュしにくいといわれるので、初心者も0.25号あたりからスタートしたい。PEラインは0.2号までの細さで釣る。ナイロン、フロロカーボンラインはアジングに推奨できない。

リーダー

PEライン、エステルラインを使用する際の、ショックリーダーについて確認しよう。

フロロカーボン

ショックリーダーはフロロカーボンが基本となる。アジングならばナイロンでも問題ないが、あえて使用するメリットはない。水なじみがよく、擦れに強いフロロを使おう。

まずはここから覚えたい『陸っぱりライトゲーム』用語集:ライン関連リーダーはフロロが基本(提供:WEBライター・井上海生)

号数

ショックリーダーとして使うフロロカーボンの号数は、釣り物別に次のとおりだ。

・カサゴゲーム 4~5lb
・メバリング 4~5lb
・アジング 2~5lb(基本は3lbでOK)

次のページでは気になる結束関連の言葉を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。