犬吠沖のアカムツ釣りで本命4尾 春先の本番にむけて好気配【丸天丸】

犬吠沖のアカムツ釣りで本命4尾 春先の本番にむけて好気配【丸天丸】

2月7日(日)、茨城波崎新港の丸天丸から、犬吠沖のアカムツを狙って釣行しました。その日の模様をリポートします。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版APC・白井亜実)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

丸天丸でアカムツ狙い

アカムツは「のどぐろ」と呼ばれ、言わずと知れた高級魚。私は炙りが一番の好物で、その魅力は味だけにとどまらず、明確なアタリと掛けた後の独特な強い引きは病みつきになる面白さ! 釣趣も最高です。今期初の釣行が楽しみで仕方がありませんでした。

丸天丸の集合は4時。あらかじめ決まっていた右舷ミヨシで準備開始。同時に仲乗りがエサのホタルイカと氷を配ってくれます。連日の好釣果を聞いて混んでいますが、しっかり管理された大型船は広々と席を確保することができました。

犬吠沖のアカムツ釣りで本命4尾 春先の本番にむけて好気配【丸天丸】乗船ポイント(作図:週刊つりニュース関東版APC・白井亜実)

ロッドキーパーなどのセッティングが整った4時半、まだ暗いなか出船です。

ポイントまでは航程約1時間半。到着するころには、眩しいほどの美しい朝日が顔を出していました。

犬吠沖のアカムツ釣りで本命4尾 春先の本番にむけて好気配【丸天丸】丸天丸(提供:週刊つりニュース関東版APC・白井亜実)

「もうすぐ着きますからね、準備始めてくださいね」と、到着10分前にアナウンスがあり、電動リールを電源にセット、ハリにエサを付けます。

当日のタックル

タックルはPEライン4号を400m巻いた中型電動リールと、オニカサゴやイカ釣りで使用している2m前後のグラスロッドの組み合わせ。仕掛けは、自作の2本バリ仕掛け。専用のムツバリを使い始めてからバラシはほとんどなくなったので、ずっと同じものを使っています。

深場の釣りは、オマツリや高切れなど、思わぬライントラブルが発生しやすいので、予備のイトやオモリ、3セット以上の仕掛けを用意しておくと慌てずにすみますよ。

犬吠沖のアカムツ釣りで本命4尾 春先の本番にむけて好気配【丸天丸】仕掛け(提供:週刊つりニュース関東版APC・白井亜実)

次のページで当日の釣りの模様を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。