全国渓流解禁2021 河川情報一覧表【西日本エリア/中国~四国~九州】

全国渓流解禁2021 河川情報一覧表【西日本エリア/中国~四国~九州】

西日本エリアの渓流解禁河川情報一覧表です。各漁業協同組合から送付されてきた資料を基に、現地釣具店、組合関係者への電話取材も併せて行い作成しました。今期の釣行にお役立てください。

【東日本エリア/東北~関東】

【中日本エリア/甲信越~中部~関西】

(アイキャッチ画像提供:TSURINEWS編集部)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

閲覧の際の注意点

解禁後、入漁料などが変更になる場合もあります。釣行の際はあらかじめ事前にご確認することをオススメします。また連絡先が役員宅になっている漁協もありますので、早朝や夜間などの連絡は避けましょう。

遊漁料チケット区分

A:日券、B:現場日券、C:年券

鳥取県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
日野川
本支流
3月1日
(日の出)

9月30日
A3300
C6000
昨年7月にヤマメ稚魚2万4000尾放流済み。2月21日に成魚1万8000尾、4月から5000尾を追加放流予定。禁漁区あり。15cm以下リリース。おすすめ岸本、江府地区。女性は遊漁券半額 日野川水系漁協
0859(27)3257
千代川
本流・支流
全域
3月1日

9月30日
A3500
B倍額
C5500
昨年7月、ヤマメ稚魚4700尾放流済み。本年2月と4月にヤマメ成魚2400kg放流予定。禁漁区要確認。体長制限15cm 千代川漁協
0858(85)0853

島根県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
江の川
本流
下流
3月1日

8月31日
A1300
C5000
昨年10月にヤマメ稚魚6000尾を放流。15cm以下はリリースを 江川漁協
0855(72)0055
高津川
全域
3月1日

8月31日
A2200
C6400
(現場購入は1000円加算)
昨年10月8日~20日にかけて、各河川にヤマメ稚魚9万尾を放流済み。禁漁区は漁協に問い合わせを。ヤマメ15cm、イワナ18 cm以下はリリースを 高津川漁協
0856(25)2911

岡山県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
吉井川
支流
加茂川
3月1日

8月31日
A2000
B年券の倍額
C5000
今年2月27 日にアマゴ成魚150kg、4月18日に80kg放流予定。禁漁区は阿波川(落合川)。お勧めは阿波、倉見地区(すべて天然)。15cm以下リリース 加茂郷漁協
0868(42)2109
吉野川
本流
梶並川
3月1日
(午前6時)

8月31日
A1000
C6000
本年2月28日にアマゴ成魚360kg放流予定。禁漁区なし。お勧めポイントは西粟倉地区。15cm以下はリリースを 吉野川漁協
0868(75)2578
高梁川
上流
3月14日

8月31日
A2200
B1000増
C5500
今年3月にアマゴ成魚3万匹。新見駅前周辺に禁漁区あり。15cm以下はリリースを 新見漁協
0867(72)2570
成羽川
支流
坂本川
長谷川
前谷川
3月1日

8月31日
C5000 今年2月22日にアマゴ成魚50kg放流予定。禁漁区はなし。お勧めは布瀬川。15cm以下はリリースを 成羽川漁協
0866(42)4347

広島県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
成羽川
水系
4月1日

8月31日
A1500
B500増
C4000
今年3月にアマゴ成魚700kg放流予定。禁漁区はなし。15cm以下はリリースを。18歳以下は無料 東城川漁協
08477(2)0605
西城川
本支流
比和川
4月1日
(午前5時)

8月31日
A3300
B500増
C5500
本年3月下旬にヤマメの成魚を約1500kg放流予定。禁漁区あり。全域おすすめ。15cm以下はリリースを。中学生以下は無料 西城川漁協
0824(72)0673
太田川
本支流
4月1日

8月31日
A1100
B500増
C3190
今年アマゴ成魚320kgを3月と4月に分けて放流予定。禁漁区は高瀬堰下流30m区間。お勧めポイントは高山川。アマゴ15cm、ウナギ30cm以下はリリースを 太田川漁協
082(812)2161

山口県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
錦川
上流
3月1日

8月31日
A1000
C3000
昨年10月中旬にアマゴ稚魚を約2万尾放流済み。4月に追加放流予定 錦川上流漁協
0834(68)2180
阿武川 3月1日

8月31日
A1000
C3000
昨年、佐々並川上流にヤマメの稚魚を6000尾放流済み。昨年11月に中型のヤマメを2000尾追加放流済み。野戸呂川に15cm級を1000尾を放流済み 阿武川漁協
0838(22)1572
佐波川 3月1日

8月31日
A2000
C5000
昨年4月、アマゴの稚魚(5cm前後)を約2万尾放流 佐波川漁協
0835(22)1427

徳島県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
吉野川
本・支流
東祖谷川
ほか
3月1日

9月30日
A3000
B1000増
C10000
昨年6月にアマゴ稚魚5万8000匹、今年1月20日に発眼卵10万粒放流済み。禁漁区なし。エリアが広いので案内図を事務所で提供している。10cm以下はリリース 吉野川上流漁協
0883(72)3016
那賀川
支流
3月1日

8月31日
A2000
B1000増
C8000
昨年3~5月にアマゴ稚魚を約27万匹放流済。身障者手帳提示で日券、年券ともに半額。禁漁区なし。12cm以下はリリース 木頭村漁協
0884(68)2252
海部川 3月1日

9月20日
A2000
B1000増
C8000
昨年6月にアマゴ稚魚2万匹放流済。エン堤周辺4カ所禁漁区あり。お勧めポイントは上流。10cm以下はリリース 海部川漁協
0884(75)2870
吉野川
支流
鮎喰川
(あくいがわ)
3月1日

9月30日
A1500
B500増
C5000
※年券の現場購入
昨年4月28日にアマゴ稚魚4万5000匹放流済。禁漁区なし。お勧めポイントは上分、神通谷川地区。10cm以下はリリース。年券の現場購入は1000円増 鮎喰川漁協
088(676)1118
勝浦川
本・支流
3月1日

8月31日
A2000
B1000増
C7000
昨年8月にアマゴ稚魚4万匹放流済。アユと共通年券は1万円。禁漁区は6カ所あり。お勧めポイントは上勝地区。10cm以下はリリース 勝浦川漁協
0885(42)3059

愛媛県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
面河川
本・支流
仁淀川
上流
久万川
2月1日

9月30日
A1200
B500増
C2300
昨年6月にアマゴ稚魚約12万匹放流済。禁漁区はエン堤周辺、面河ダム上流100m。15cm以下はリリースを 面河川(おもごがわ)漁協
0892(56)0132
肱川
(ひじかわ)
本・支流
2月1日

9月30日
A1000
C2500
昨年5月にアマゴ稚魚3万匹、10月に100g前後の成魚を200kg放流済。禁漁区なし。お勧めポイントは河辺川の御幸橋周辺。15cm以下はリリースを 肱川漁協
0893(24)2410

高知県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
仁淀川
本・支流
3月1日
(午前5時)

9月30日
A2000
B2000増
C5000
昨年5~12月にアマゴ成魚230kg、稚魚313kg放流済。中学生以下は無料。いの町程野のC&R特別区は追加料金なし。禁漁区あり。10cm以下はリリース 仁淀川漁協
088(893)2300
奈半利川
(なはりがわ)
3月1日

9月30日
A3000
B1000増
C6000
昨年4月25、26日にアマゴ稚魚600kg放流済。禁漁区は平鍋ダム放水口上流100mと下流200m。10cm以下はリリース 奈半利川淡水漁協
0887(38)5887
物部川
本・支流
3月1日

8月31日
A2000
B1000増
C7000
昨シーズンにふ化仔魚、稚魚合わせて11万7000尾放流済み。成魚は10月18日に300kg、2月27、28日に計540kg放流。女性、21~25歳の男性、70歳以上、身障者手帳提示は年券3000円。16~20歳500円、中学生以下無料。禁漁区あり 物部川漁協
0887(53)3224

福岡県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
矢部川
本支流
3月1日

9月30日
A500
C3000
昨年6月にヤマメ稚魚1万2000 尾を矢部村、星野村(矢部川、星野川上流)、黒木町(笠原川、剣持川)上陽町(横山川上流)に放流 矢部川漁協
0943(23)3313
つり具の木下
同(54)2109

熊本県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
菊池川
岩野川
迫間川
上内田川
3月1日

9月30日
A500
C2000
昨年 10月28日にヤマメ稚魚2万尾を本流上流と岩野川、迫間(はざま)川、上内田川に放流済み 菊池川漁協
0968(43)2369
球磨川
川辺川
支流
3月1日

9月30日
A2000
C6000
現場購入は日、年券とも10%増。昨年3月~7 月、ヤマメ稚魚25万8500 尾を全体(球磨川、川辺川)に放流済み。五木村・大滝公園内のみ禁漁。10cm以下採捕禁止 球磨川漁協
0965(32)3266
緑川水系 3月1日

9月30日
A1000
C2500
昨年10月~本年1月に稚魚3万6000尾、約700kgを山都町、御船町、美里町に放流済み 緑川漁協
096(234)3889
筑後川
支流
3月1日

9月30日
A1000
C3000
昨年、小国町、南小国町の各河川にヤマメの成魚20kg放流済み。今後、成魚115kgを追加放流予定。禁漁区あり、現地看板で確認を 小国漁協
(小国町役場)
0967(46)2111
槻木川
(大淀川水系)
3月1日

9月30日
A1000
C4000
昨年3月にヤマメ稚魚1万1000尾を本流・支流に放流。9月、10月に成魚約3300尾を放流済み 綾北川槻木漁協
(味岡生コン槻木工場所内)
0966(44)1111
氷川水系 3月1日

9月30日
A1000
C4000
昨年10月、氷川(八代市泉町柿迫)に7000尾放流済み 氷川漁協
0965(62)8020

大分県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
津江川 3月1日

9月30日
A1000
C3500
本年3月中にヤマメ稚魚8~9gを4万5000尾放流予定。禁漁区、C&R区間(梅野川、疑似餌=毛バリ、ルアー専用区)あり 津江漁協
0973(54)3633
山国川
本流
支流
3月1日

9月30日
A1000
B1500
C2500
(現場購入3000)
昨年の放流はなし。今後稚魚、成魚放流予定だが詳細は決まっていない 山国川漁協
0979(52)2756
佐藤釣具店
同(24)5365
筑後川
各支流
3月1日

9月30日
A1100
C3600
2月22日以降にヤマメ(エノハ)成魚220kg放流予定。その後も成魚2000尾前後を追加放流予定 日田漁協
0973(22)4021
松尾釣具店
同(22)3968
安元釣具店
同(22)2302
大野川
本流
支流
3月1日

9月30日
A2200
B2300
C5500
昨年7月に大野川本流、神原川、稲葉川、玉来川、久住方面へアマゴ稚魚約8万5000尾を放流済み 大野川漁協
0975(78)0105
釣具センター竹田
0974(62)2412
大分川 3月1日

9月30日
A1000
B1500
C5000
解禁後、ヤマメ稚魚3万 尾放流予定。禁漁区=阿蘇野川(庄内町十合野村内橋下流500m区間)、芹川(直入町大字長湯原天満橋~肥後井堰間600m) 大分川漁協
097(542)2814

宮崎県

河川名 解禁期間 遊漁料 状況 連絡先
五ヶ瀬川 3月1日

9月30日
A3000
B3500
C5000
昨年にヤマメ稚魚2万2500尾。11月に成魚約512kg放流済み。川の状況や釣況などは「民宿 船小屋」で確認を 五ケ瀬川漁協
0982(47)2240
北川
本流
支流
3月1日

9月30日
A1500
C3000
昨年9月にヤマメ稚魚を約1万3800尾放流済み。2月25日に成魚を約100kgを追加放流予定 北川漁協
0982(46)3922
五ヶ瀬川
上流
3月1日

9月30日
A3000
C5000
解禁までに成魚1500kg、5月にも7~8万尾を放流予定。遊漁券は西臼杵漁協でも購入可能 西臼杵漁協
0982(82)2334
080(5266)4034
川内川 3月1日

9月30日
A500
C3000
(70歳以上2000)
昨年10月にヤマメ稚魚を4万8000 尾放流済み。解禁後、成魚4000尾を追加放流予定。※昨年の豪雨の影響で道路整備中。クルソン峡入口に臨時駐車場あり。そこからは徒歩で移動を 川内川上流漁協
(えびの市役所)
0984(35)1111
一ツ瀬川
上流
3月1日

9月30日
A1500
C4000
昨年6月にヤマメ稚魚7万4000尾を放流済み。禁漁区あり。15cm以下は採補禁止。※80歳以上・身体障害者割引あり 西米良漁協
(西米良村役場)
0983(36)1111
耳川一ツ瀬川
上流
3月1日

9月30日
A2000
C4000
昨年4月~7月にヤマメ稚魚18万500尾を椎葉村内全域の河川に放流。禁漁区あり。15cm以下は即放流を 椎葉村役場
(農林振興課)
0982(67)3206

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年2月26日号に掲載された記事を再編集したものになります。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。