【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定

【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定

三重県の海上釣り堀から最新釣果情報が入った。マダイ&青物が好調継続。青物には活きエサが効果的のようだ。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:貞丸)

TSURINEWS編集部

海釣り施設 海上釣り堀

大和丸

三重県・南伊勢町古和浦の大和丸では2月3日、鈴鹿市の空谷さんがワラサ67~68cm3匹、天然ヒラメ59cm、シマアジ39cm、マダイ3匹などをゲット。同日には、津市の工藤さんが天然ヒラメ67cm、マダイ5匹。長久手市の長島さんは天然ヒラメ58cm、マダイ2匹を釣り上げた。

【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定天然ヒラメ手中(提供:大和丸)
▼この釣り場について
大和丸

ハルキチ屋

三重県・南伊勢町迫間浦の釣り堀・ハルキチ屋では、6日天理の鶴井さんらがヒラマサ1匹、ワラサ2匹、大ダイ1匹、マダイ13匹の好釣果を上げた。青物は生きアマゴやエビ、マダイはアマエビの頭やキビナゴの黄色付けなど。水温は17度。

【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定マダイ&青物ゲット(提供:ハルキチ屋)
▼この釣り場について
ハルキチ屋

佐助屋

三重県・南伊勢町迫間浦の釣り公園・佐助屋の釣り堀では、ブランドマダイがイチオシターゲットだが、青物も狙いめ。7日、イトウさんが5kgクラスを頭にワラサ2匹をゲット。青物はカツオなど切り身エサか、生きアジや生きウグイなどのライブベイトが有効だ。また、メガフロートの外釣りではアオリイカが狙える。釣り方はエギングの人が多いが、ヤエンでもOK。6日にはナカムラさんが3匹。アラタケさんも3匹仕留めている。キロアップも十分射程圏内だ。

【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定青物狙いめ(提供:佐助屋)
▼この釣り場について
佐助屋

和光

三重県・南伊勢町迫間浦の海上釣り堀・和光では、6日小林さんら2人がワラサ3匹、大ダイ1匹、マダイ8匹を上げた。エサはワラサが生きウグイ、マダイがササミ、大ダイはアマエビでタナは8.5mだった。

【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定マダイ&青物ゲット(提供:和光)
▼この釣り場について
和光

貞丸

2月7日、大久保さんらがマダイ11匹、ブリ1匹、ハマチ5匹、カンパチ2匹、シマアジ1匹、マハタ1匹。翌8日は、中江さんがマダイ15匹、ハマチ1匹、シマアジ2匹、マハタ1匹とお土産十分の釣果を上げた。貞丸では現在、釣りイケスが少人数でも貸し切れるイベントを開催中。また、新型コロナウイルスの感染拡大防止対策の方も実施中なので、ぜひご理解・ご協力を。

【三重】海上釣り堀最新釣果 マダイ・青物・根魚と魚種多彩で釣果安定マダイ好調(提供:貞丸)
▼この釣り場について
貞丸

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年2月19日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。