東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:釣行の流れと釣り方キホン

東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:釣行の流れと釣り方キホン

川の小魚釣りは、季節やタックルにこだわらなくても気軽に始められるのが魅力。東京・多摩エリアでのキホンの釣り方を紹介します。

東京都のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・菊池英則)

菊池英則

釣り&温泉ライター。元新聞記者。東京エリアの釣り事情にズバッと切り込みます!

×閉じる

淡水の釣り 小魚釣り

ワンポイントアドバイス

浅場の魚を小物釣りタックルで狙う場合、ウキ下をかなり短めにして探ります。群れの中にエサを打ち込みたくなりますが、悲しいかな多くの場合は、魚を散らして終わりです。このポイントでは、点在する石から石へと、良型のクチボソなどが、移動する様子が頻繁に見られました。

東京都多摩エリアで淡水小物釣りを楽しもう:釣行の流れと釣り方キホン浅場で石が点在するポイント(提供:WEBライター・菊池英則)

このような場合、静かにピンポイントに、隠れ家の石裏へと、エサを送り込むことが重要です。シモリ玉が引き込まれたら、魚が食いついたチャンス。迷わずにアワせましょう。小物釣りのキホンは、魚がいるタナをイメージして、じっくり探ることですが、釣れない場合は、セオリーにとらわれず、移動しながら釣ることも大事です。答えはありません。

幸運にも魚が釣れたら、ゆっくりと引き上げて、なるべく魚体に触れないようにしてハリを外し、納竿時に元気でリリースできるようにしましょう。

<菊池英則/TSURINEWS・WEBライター>

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。