東京湾『ボートメバリング』が解禁 32cm尺メバル含み大型連打に歓喜

東京湾『ボートメバリング』が解禁 32cm尺メバル含み大型連打に歓喜

2月1日(月)、解禁した東京湾でボートメバリング。本命メバルは良型主体に数釣りを堪能。尺上の大物も登場した釣行の模様をレポートしよう。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

東京湾ボートメバリング

18時。ベテランの下村直行さん、三度目のチャレンジという有山昌寿さんと三浦さん、そして初挑戦のその友人と一緒にボートで出船。

19時すぎに千葉沖のストラクチャーに到着。壁際ギリギリにキャストしてカーブフォールで探ってみると、1投目からコンッという明確なアタリが訪れ、すかさずアワセを入れるとヒット。強烈な引き込みを軟らかいロッドのしなりとドラグでかわして抜き上げたのは、いきなり29cmの大型。

32cm尺メバル頭に大型連釣

その後もパターンがハマって大型ばかり7連続キャッチ。有山さんは1投目から良型を連続ヒット。

東京湾『ボートメバリング』が解禁 32cm尺メバル含み大型連打に歓喜バスロッドでキャッチ(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

三浦さんは数投で32cmの尺メバルまでキャッチして笑顔が止まらない。

東京湾『ボートメバリング』が解禁 32cm尺メバル含み大型連打に歓喜尺メバルに笑顔(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

ジグ単で良型ぞろい

下村さんは、1.5gのジグヘッドで連続ヒットを楽しんでいる。

東京湾『ボートメバリング』が解禁 32cm尺メバル含み大型連打に歓喜フォールで連釣(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

そのままアジやメバル、カサゴをポツポツキャッチし、22時に沖上がり。釣果は23~29cm14尾に、カサゴ3尾とシーバスだった。

東京湾『ボートメバリング』が解禁 32cm尺メバル含み大型連打に歓喜大満足の結果に(提供:週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘)

<週刊つりニュース関東版 APC・奥野忠弘/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年2月12日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。