メバリング1時間1本勝負 『ミドスト』で25cm級御用【大阪南港】

メバリング1時間1本勝負 『ミドスト』で25cm級御用【大阪南港】

大阪南港へメバリングに出かけた。事前のルーティーンで風速と海水温確認し、シビアだとは承知の上。しかし今回はあるひとつの思いがあり、それを実践したかったのだ。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でメバリング

2月間近、厳冬期の大阪南港でメバリング。釣行当日の状況は、以下のようなものだった。

日時:1月30日
潮回り:中潮 19時半ごろ満潮
風速:西4m(現場での体感は6m前後)
海水温:10℃
時間:20時~21時

1時間釣行に絞った。下げ潮絡みで、少しだけ打つ。これは風を見てのことで、この1時間くらいが止み間だったのだ。自宅で待っている時間は早く行きたいなと、うずうずしていたが、爆寒風で体力を削られると保てない。

しかし釣り場に到着しても、風はやはり強かった。西風を体面で受けるので、これはかなりつらい。だがその分、割りきりができた。移動するとキリがない上、明確な見込みもない。ここでしか釣らない、このリグでしか釣らない、というイメージを、最初から持って釣りにきたのだ。

ポイントを絞る

私が通う大阪南港のメバルの釣り場は、波止の一部分に限られる。その中でも意外に奥の方に行かずに、手前で狙った方がヒットすることも多い。みんな奥へ奥へと入っていって、ドツボにハマるのだ(自分の経験談でもある)。入って30秒くらいのポイントが一番たたかれていないと思い、そこで釣りを始めた。

釣り方はひとつ。当日の逆風状況下ではレンジキープができないので、1.2gのジグヘッドで表中層ミドスト。サオ先を下げて操作し、レンジに入れたら、サオを持った手をじわーっと海の方に差し出して、海中を漂わせてくる。

使用したワームは、自分の中で一番釣っているものひとつのみ。これしか使わないと決めてきた。

メバリング1時間1本勝負 『ミドスト』で25cm級御用【大阪南港】爆風の中上がってきたメバル(提供:WEBライター・井上海生)

まずは20cm級のメバルをキャッチ。その後、もう1匹続いた。ほぼ同一の場所。イメージ通りだ。

ミドストで25cm超メバル追釣

今年の大阪南港はメバルの密度が薄い。一度反応したポイントで数を出したい。20cm級が2匹続いたことに勇気を得て、寒風に耐えながら釣る。同じ表中層ミドスト。下げ始めで多少レンジが入っていることを予想して、カサゴにならないように、水面下80cm程度を狙う。

メバルはある程度の一定のサイズの群れを形成するが、20cm級が続くと、そこには経験上25cm級までが潜む。尺は25cm級の中から出てくるイメージだ。必ずいると確信を持ちながら、辛抱強く表中層を漂わせていると、いい引き込みが。

ハリのあるチューブラーロッドがよくしなった。チューブラーのメバリングロッドはこれがいい。良型を掛けたときの、目で感じるベンドカーブの美しさ。上がってきたのは25cm級。

メバリング1時間1本勝負 『ミドスト』で25cm級御用【大阪南港】25cm級メバル(提供:WEBライター・井上海生)

年が明けてから、はじめてグッドサイズのメバルを釣った。来年には尺級になって戻ってくることを願い、リリース。そして、ちょうどここで釣り始めて1時間となり、納竿することにした。

次のページでは悪条件下で釣果を得たポイントとは?

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。