「メタルバイブ」で冬バスを攻略 ディープ狙い撃ち良型手中【福岡】

「メタルバイブ」で冬バスを攻略 ディープ狙い撃ち良型手中【福岡】

1月初旬。福岡県南部の河川へと2日間出かけた。冬のセオリーであるメタルバイブで価値ある良型をキャッチした。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻2年 佐味響希)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ ブラックバス

2日目も実績ポイントでバス

2日目は前日と同じ戦略。ファーストポイントは、前日の場所。リフト&フォールを繰り返すと、リフト時に違和感。ゴミが掛かったような重み。アワせると、グゥングゥンとゆっくりと引っ張られ魚だと確信した。

ゆっくりとファイトし、水面からバスの顔が見え、全身が震える。冷たい水に手を突っ込み優しくランディング。天を仰ぎ、うれしさから雄叫び。前日同様、価値のある1尾。効率の良いリアクションの釣りである。

午前中の釣果は1尾だが、バイトは3回もあった。2回のバラシについては水面までは出てきたものの、掛かりが浅く身切れでバラした。

「メタルバイブ」で冬バスを攻略 ディープ狙い撃ち良型手中【福岡】メタルバイブで価値ある良型好捕(提供:週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻2年 佐味響希)

冬のセオリーであるメタルバイブは、バスの反応が早いのが良いところである。その良さを理解したうえで、ぜひ皆さんにも試していただきたい。冬の釣りでは、しっかりと防寒したうえで、バスフィッシングを楽しんでほしい。

<週刊つりニュース西部版 総合学園ヒューマンアカデミー福岡校フィッシングカレッジ トーナメントプロ専攻2年 佐味響希/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年2月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。