「泳がせ釣り」で大型魚祭り ヒラメにサワラにワラサ【愛知・石川丸】

「泳がせ釣り」で大型魚祭り ヒラメにサワラにワラサ【愛知・石川丸】

1月20日、愛知県・南知多町師崎港の石川丸へ泳がせ釣りで釣行した。ヒラメやサワラを筆頭に、大型魚メインの釣果となった当日の模様をレポート。

愛知県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 平良徹)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

石川丸で泳がせ釣り

午前4時半に自宅を出発し、知多半島を南下して船着き場に到着。受付をすると、今日の釣り客は私1人とのこと。石川丸で貸し切りを経験するのは2回目で、40年ほど前に昨年亡くなられた石川活男船長が一人客の私にマンツーマンで手ほどきしてくれたことを思い出した。最近の釣果を浜本船長に聞くと、あまり芳しくないとのこと。この釣りではありがちなボウズがふと頭をよぎる。

当日のタックルは、サオ・シマノのベイゲームXヒラメMH270、リール・ダイワレオブリッツ300JにPEライン4号を巻いた組み合わせ。ハリスはシーガーグランドマックス7号、ハリはがまかつヒラメ7号、アシストフックはがまかつ泳がせヒラメ8号の自作仕掛けをセット。オモリは60号を使用する。

ホウボウ&70cm超えサワラ手中

定刻の午前7時に出船し、ポイントの土合には約30分で到着。イワシを丁寧に付けて合図とともに投入する。底まで約50m、根掛かりの心配はないそうなので底スレスレを流す。北西の風が強く船の上下の揺れが激しいので、エサが安定するサオさばきを意識する。

しばらくするとググッとアタリがある。少し送り込んだ後、聞きアワセをすると45cmもあるホウボウが上がってきた。これでボウズはなくなったと安堵(あんど)する。

やがて船長から「サワラが回ってきたようだ」との情報あり。少し持ち上げていたら食い上げるようなアタリがあったので素早くアワせる。そのままサオがしなり、青物特有の強い引きが伝わってくる。慎重にやり取りして上げてきたのは70cmオーバーのサワラだった。

座布団ヒラメ登場

ハリスが少しザラついていたので10号ハリスの仕掛けに交換する。しばらくアタリがなく我慢の時間が経過、少し神島寄りのポイントに移動する。1投目にゴンとアタリがあったので少し送り込むが次がこない。全集中で引き込むアタリを待つが変化がない。

運を天に任せてサオを持ち上げると、ヒラメ独特のズシとした乗りを感じた。10号ハリスなので大丈夫だと思うが、焦らず慎重にやり取り。残り5mで船長に合図すると、慣れた手つきでタモ入れをしてくれた。上がってきたのは座布団級の待望のヒラメだった。

メーター級サワラ浮上

またしばらく生体反応のない時間が経過したが、突然サオ先が海中に突っ込むアタリ、サオを持ち上げると青物の強い引きがあり、ドラグ調節をしながら慎重に巻き上げると細長い魚体が上がってきた。タモからはみ出る魚を手際よく船長がすくってくれた。当日2本目となるメーター級のサワラだった。

「泳がせ釣り」で大型魚祭り ヒラメにサワラにワラサ【愛知・石川丸】タモからはみ出るほど(提供:週刊つりニュース中部版 平良徹)

次のページで大満足の釣果を発表!

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。