冬の夜波止で「アナゴ」快引 10匹の満足釣果に【三重・霞ケ浦ふ頭】

冬の夜波止で「アナゴ」快引 10匹の満足釣果に【三重・霞ケ浦ふ頭】

季節はすっかり冬。前日には雪も降った1月12日、三重県四日市の霞ケ浦ふ頭にアナゴを狙って出かけた。釣り物の無い時期にしては、10匹という満足する釣果となった。

三重県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

霞ケ浦ふ頭でアナゴ釣り

1月12日、三重県四日市の霞ケ浦ふ頭にアナゴを狙って出かけた。昨年はこの時期にまだクロダイが釣れていたので、年末と年始に数回出かけたのだが散々な結果しか出すことができなかった。今回はアナゴ狙いで午後4時にいつものように桑名の釣具店フイッシング遊でアオイソメを購入して霞ケ浦ふ頭に向かった。

この時間はまだ明るさが残っていたのでゆっくりとタックルの準備を始めることができた。タックルと言ってもアナゴ釣りに特別な道具は必要ない。サオは3.6mの万能ザオ、それに2500番のスピニングリールをセットしてラインはナイロンライン3号に名古屋テンビンを付けて、オモリは10号。ハリスとハリはセットになったセイゴバリ10号セットを使用した。

冬の夜波止で「アナゴ」快引 10匹の満足釣果に【三重・霞ケ浦ふ頭】タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光)

このタックルの改造点は私のサオの穂先をペイントで白くしてあること。闇夜になってもわずかな光でアタリが見られるようになっている。

40cm級アナゴ連続ヒット

すっかり暗くなった5時半に最初のアタリがきた。穂先がブルブルと震えたのでリールを巻くと20cmのかわいいセイゴだった。この魚をリリースしてしばらくすると、今度は穂先がフワフワと揺れたのでアワセを入れた。心地よい重みのある魚の抵抗が感じられ、上がってきたのは40cmほどの型のいいアナゴ。

このアナゴを皮切りに連続して同サイズが釣れたが、7時になるとパタリとアタリが止まってしまった。しばらく頑張った後に納竿とした。

アナゴは食味も抜群

このようにアナゴ釣りには特別な道具も技術もいらないのだが、アナゴをさばくのは少々コツが必要だ。私も当初は全くさばくことができなかったが、ネットの動画を見てできるようになった。

アナゴはコツさえ分かればとても簡単に調理することができるし、さばいたアナゴをそうめんつゆで炊くだけですごくおいしく食べられるので挑戦してみてほしい。

<週刊つりニュース中部版 APC・日比野昭光/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
霞ケ浦ふ頭
この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年2月5日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。