アジ泳がせ釣行記:人気堤防でアオリイカ2杯【神奈川県・三崎港】

5月30日(水)神奈川三浦半島の三崎港にある白灯堤防岸壁に、アジの泳がせで狙うアオリイカ釣りに出掛ける。

TSURINEWS編集部 TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

朝はアオリイカ不発

4時に武山ロータリー付近にあるエサ店によって活アジを購入。

店長の情報によると、

「最近は、三崎白灯岸壁で良型のアオリイカがよく上がっている。」

とのことで、そこへ向かうことにした。

5時前に到着すると、すでにエギングの人が15人ほど先着していて、あまりスペースがないため、岸壁左隅に釣り座を確保する。

風は北東風で左から右方向に吹いており、当初ウキ釣りでやろうと思っていたが、流れたウキが邪魔になると思い、スペースをとらない竿下狙いのタラシ釣りを選択。

タラシ釣りタックル図。

あちこちにスミ跡があり、アオリがかなり釣れている様子。

しかし、この日は7時半を過ぎても誰にもヒットなし。

朝イチのゴールデンタイムは不発に終わり、エギング組が帰り始める。

岩壁右手の中ほどでやっていた地元の桑原さんが帰り仕度をしていたので、

「きょうはダメでしたね。」と声をかけると

常連さんは2kgをゲットしていた。

「朝は釣れませんでしたが、夜はよかったですよ。ほとんどの人が型を見てました。私も夜通しやって3尾。3.5号のエギで釣りました。」

と釣果を見せてもらうと、2kg超もいてビックリする。

ポイント移動でウキ消し込む

やがて8時を過ぎると、多くの先釣者が帰っていき、スペースができたので場所移動。

タラシ釣りとウキ釣りの2本竿で再度釣り始める。

ウキ釣りのタックル図。

ウキ下は6mに設定、しばらく沈黙していたが、干潮時刻の11時、20mほど沖を漂っていたウキがスパっと沈み、そのまま浮いてこない。

アタリと確信して、アワせると無事フッキング。

1kgの本命をゲット。

取り込みの際、海面一面にかなりのスミを吐いたため、ほかのアオリイカが警戒したのか、このあと沈黙してしまう。

次にアタったのは、満潮時間の16時半ごろ。

ようやくタラシ釣りの竿にアタって、アワセを入れるとドラグが滑りだす。

良型なので、身切れしないよう慎重にリーリング。

1.7kgのアオリイカを取り込む。

まずまずの釣果。

雨が激しく降ってきた17時に納竿。

<週刊つりニュース関東版 APC・間宮 隆/TSURINEWS編>

▼この釣り場について
白灯堤防岸壁
この記事は『週刊つりニュース関東版』2018年6月15日号に掲載された記事を再編集したものになります。