失敗しない釣り用「グローブ」の選び方 リールへの干渉にはご注意を

失敗しない釣り用「グローブ」の選び方 リールへの干渉にはご注意を

冬でなくても不意のアクシデントから手を守るため、グローブは着用した方がいい。今回は、特に冬は欠かせないグローブの選び方を紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

オススメの素材

防寒性能が高い素材といえばチタンである。また感度も高い。チタン製のグローブはオススメできる。しかも、安いものならば3000円台とそこまで高価なものではない。

アジングに関しては、筆者個人としてはバックスキン製を推したい。というのも、アジングはおそらくすべてのルアーフィッシングの中で一番アタリが小さい。素手に近い感触でないとアタリがとれない。

実は昨日の自分自身の釣行を振り返ってもそうだった。チタンのグローブをはめて行ったのだが、ウルトラショートバイトが一回あったかどうか、自信を持って「あったな」とは言えないような感じだったのだ。手になじんだレザー製のグローブならもう少しアタリがくっきりしたはずである。

ちなみにライトゲームにおいてアタリを鮮明にするためには、ハンドル部分の軽量化が大事になってくるが、別の記事に述べたい。

買いかえも積極的に

フィッシンググローブは消耗品である。特に指先は疲労が蓄積しやすい。寿命がある。

買いかえも積極的にしよう。ちなみに、私の場合は年間100釣行で、大体2年でグローブは潰れる。

また特殊な素材をのぞいて、手袋は洗わない方が生地に汗や脂がしみて劣化しやすい。このあたりは服(ズボン、Tシャツなど)と同じだ。クリーニングできるならしよう。

<井上海生/TSURINEWS・WEBライター>

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。