【2021】解禁迎える「渓流釣り」初級徹底解説 道具・エサ・釣り方

【2021】解禁迎える「渓流釣り」初級徹底解説 道具・エサ・釣り方

コロナ渦で、密にならず自然を満喫できる渓流釣りが注目されている。渓流釣りを始めようと考えている人のために、少しでもお手伝いができれば幸いだ。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・石橋英之)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り 渓流釣り

渓流釣りの道具

まず渓流釣りのそろえる道具について。最低限必要なものはサオ、エサ箱、ビク、クーラーだ。

【2021】解禁迎える「渓流釣り」初級徹底解説 道具・エサ・釣り方タックル例(作図:週刊つりニュース中部版 APC・石橋英之)

サオ

サオは行く河川、ポイントによって長さが変わってくるが、基本は5m前後。できれば3段階に長さが変えられるものをお勧めしたい。

調子は硬調がお勧めだが、重さや継数でも硬さは変わってくる。目安は仕舞寸法55cm前後、重量100~120g。少し硬めだが、振り込みと掛けてからの取り込みはしやすいと思う。

慣れてからもう1本購入する場合は、同じスペックで重量80~100gをお勧めしたい。軟らかいサオの方が食いは良くなる。本来サオは予備を含めて2本以上用意することをお勧めするが、できない場合は穂先の予備を用意しておくといいだろう。サオが折れては釣りにならないが、ほとんど折れるのは穂先だ。穂先は価格も安く、負担にならないと思う。

仕掛け

仕掛けは完全仕掛けで十分だが、予備も含めて多めに購入し、事前に自分のサオに合わせて長さを調整しておこう。仕掛けは図を参考にしてほしいが、オモリは2Bから4号までのゴム張りタイプがお勧めだ。

ハリは自分で巻ければハリス0.3号で十分だが、出来合いのものはハリス0・4号にハリ5号を選ぼう。予備としてハリ4号と6号を持っておくといいだろう。

便利アイテム

他にあればいいものは帽子、偏光グラス、ベスト、ハリ外し、ベルト、タモ、ナイフ、ハサミ、ヘッドライト、ウエーダー、手袋など。特に手袋は安価なものでいいので、予備を持っておくことをお勧めする。釣れた魚を触っていると、手が冷えて釣りにならないときがある。そんなときは手袋を交換すると快適に釣りができる。

また解禁日は食いが良く、ハリをのみ込まれることが多い。ハリ外しがあれば手返しが良くなるだろう。少し高いが、ダイワ製のものが使いやすい。

【2021】解禁迎える「渓流釣り」初級徹底解説 道具・エサ・釣り方ベストの中身(提供:週刊つりニュース中部版 APC・石橋英之)

次のページで「河川の選び方&エサ」について解説!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。