『穴釣り』でカサゴ6尾 ブラクリ仕掛けで初心者でも簡単【大分・若草港】

『穴釣り』でカサゴ6尾 ブラクリ仕掛けで初心者でも簡単【大分・若草港】

12月下旬、中潮。釣り納めのため、手堅い釣果を求めて大分県別府市・若草港へ穴釣りに行った。12月に入り、数回釣りに行ったものの、1尾も釣れなかったこともあり、今回は久々に何か釣れることを願っての釣行だ。

大分県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

TSURINEWS編集部

海釣り 堤防釣り

若草港で穴釣り

釣行当日の大分県別府市・若草港は満潮が午前7時30分ごろ、干潮が午後1時ごろであり、満潮前後を穴釣りで攻めていく。

『穴釣り』でカサゴ6尾 ブラクリ仕掛けで初心者でも簡単【大分・若草港】若草港周辺広域略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

ブラクリ仕掛けを使用

仕掛けはブラクリで、ワームとエサ(キビナゴ)を使用した。どの釣りでもそうだが、エサで反応が良い場合もあれば、ワームで反応が良いこともある。

私は穴釣りの場合、両方を持っていくようにしている。私の個人的な考えだが、エサはにおい、ワームは波動に優れているので、その差が出ているのだと思う。

『穴釣り』でカサゴ6尾 ブラクリ仕掛けで初心者でも簡単【大分・若草港】筆者の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

ブラクリの釣り方

ブラクリを底まで落とし、着底後に2回ほど仕掛けを約10cm上下する。アタリがなければ、もう一度やり直す。

魚がいればヒットするはずなので、アタリがなければ場所を変えていく。攻める穴の回数を増やすことと、プレッシャーが少ない場所を狙うと良いと思う。

『穴釣り』でカサゴ6尾 ブラクリ仕掛けで初心者でも簡単【大分・若草港】若草港ポイント略図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・岡田賢一)

カサゴとベラがヒット

午前9時に釣り開始してから場所を数回変えたところで、ガツーンのアタリ。重量感のある引きで、15cm級のアラカブ(カサゴ)が上がってきた。エサはキビナゴだった。20cm以下はリリースすると決めているので、私の仕掛けに掛かってくれたことに感謝し、リリースした。

その後、数回場所を変えたところでガツガツとアタリがあったが、ハリ掛かりしなかった。再度投入するとハリ掛かりしたが、上がってきたのは20cm級のササノハベラであった。ササノハベラは食べないので、そのままリリースした。

その後、ベラの猛攻に耐えながら、アラカブを数尾ヒットさせたが、先ほどのアラカブと同サイズだった。この日はエサの方が良く釣れた。以前のような良型のアラカブが釣れないため、亀川漁港にも行ってみたが、サイズは変わらなかった。

次のページはで最終釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。