落とし込み釣りで大型魚乱舞 ヒラマサにカンパチにヒラメまで【山口】

落とし込み釣りで大型魚乱舞 ヒラマサにカンパチにヒラメまで【山口】

落とし込み釣りでヒラマサなどが爆釣していると聞き、山口県下関市のFUKURYOで釣行してきた。13kgヒラマサを筆頭に大盤振る舞いとなった沖釣りをレポート。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・久恒重喜)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

FUKURYOで落とし込み釣り

昨年の12月下旬、山口県下関市のFUKURYO(川添船長)で、中沢さん、上杉さん、藤井さんに、大分から参加のかつ君との5人で釣行した。

午前7時出船で、港に集合。船に荷物を積み込み、漁協で氷を買い、釣り場に向けて出港する。

沖に出ると前日までの風が少し残り、多少波はあるが小さくなる予報だ。久しぶりの海の上は気持ちが良い。

落とし込み釣りで大型魚乱舞 ヒラマサにカンパチにヒラメまで【山口】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

1時間30分ほど走って釣り場に到着したが、釣りの準備をしている時にアクシデントが起きた。船が波を受けて大きく揺れた時、私がバランスを崩して手をつき、藤井さんのリールを触ってしまって巻き上げスイッチが入り、サオ先を破損させてしまった。本当に申し訳なく、船長からサオを借りることにした。

各自釣りの用意をし、釣座で船長の合図を待つ。慎重にエサの小魚を探し、合図が出ると仕掛けを入れ、釣り開始だ。

7kg級デカヒラメ浮上

水深50mからエサの反応があり、52mでエサが付いたので、そのまま海底まで落としていく。エサが少し暴れるので、近くに大物がいるのかもと思った時、左舷前の上杉さんにアタリがでて、かなりの大物のようだ。無事に釣り上げたのは、7kgはある大ヒラメだ。

再び上杉さんにアタり、今度は5kgのヒラマサを釣り上げる。

次の流しでハリ掛かりさせたのは中沢さんで、サオがよく曲がっており、青物だ。釣り上げると、8kg近いヒラマサだ。

落とし込み釣りで大型魚乱舞 ヒラマサにカンパチにヒラメまで【山口】上杉さんが大型ヒラメ7kg級を一閃(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

ヒラメ・ヒラマサ・サワラ追釣

エサはよく付くのに、左舷側しかヒットしない。3度目の流しで私にエサが付き、仕掛けを落とすと根魚のアタリがある。少し待つと大きく食い込み、アワせるとハリ掛かりした。釣り上げると50cmはあるヒラメで、ひと安心する。

私は次の流しでも同型のヒラメ、上杉さんは2尾目のヒラマサを釣る。藤井さんにも待望のアタリで、サオが大きく曲がっている。慎重に釣り上げると、90cmはあるサワラだ。やはり沖釣りは好調だ。

かつ君のサオが大きく曲がり、大物がハリ掛かりしたようだが、今度は18号ハリスを切られ、非常に悔しがっている。

当日最大の13kgヒラマサ登場

三度目の私のアタリはまたヒラメで、少しサイズアップして60cmはある。上杉さんは3尾目のヒラマサを釣り上げ、かつ君はやっとタカバの3kgを釣り上げ、安心した。

後ろを見ると、中沢さんが必死にサオを持って引きに耐えている。船長に冷やかされながら何とか持ちこたえ、釣り上げたのは当日最大の13kgのヒラマサで、本人も大喜びである。

落とし込み釣りで大型魚乱舞 ヒラマサにカンパチにヒラメまで【山口】当日最大サイズの13kg大マサを仕留めた中沢さん(提供:週刊つりニュース西部版 APC・久恒重喜)

次のページで当日の釣果を発表!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。