【清水港2021】冬のフカセクロダイ攻略法4選 乗っ込み期は入門好機

【清水港2021】冬のフカセクロダイ攻略法4選 乗っ込み期は入門好機

清水港は真冬でもクロダイ釣りが楽しめる好場です。今回はそんな水温の低い冬場に釣果を得るためのポイントを4つ紹介します。

静岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

海釣り 堤防釣り

清水港のクロダイ釣り

清水港は、クロダイの魚影が濃いことで有名で、年無しクラスの大物も釣れやすいことが特徴です。クロダイの稚魚放流事業も行われており、クロダイの数が多いことも頷けます。クロダイは水温が下がると深場へと移動していくので、冬は釣りにくくなるのが一般的です。

しかし、清水港は水深があるので真冬でもクロダイが狙えます。水深が浅い場所でも居付きのクロダイやエサを求めて回遊してきたクロダイがいれば十分にチャンスがあることも魅力です。冬の低水温期はエサ取りも少なくなるので、フカセ釣りでも狙いやすくなります。

【清水港2021】冬のフカセクロダイ攻略法4選 乗っ込み期は入門好機クロダイの魚影が濃い清水港(提供:WEBライター・杉本隼一)

乗っ込みが始まれば荒食いも

ここ数年は高水温の影響もありましたが、例年であれば12月下旬から3月上旬ごろまで水温が低くなります。そのため、クロダイがいても活性が低くなかなか口を使わない場面や、食い渋りに悩まされることも。

しかし、2月上旬ごろからは乗っ込みが始まり、低水温にもかかわらず荒食いを始めるので、数釣り、大型狙いどちらもオススメです。

低水温期はエサ取りが少ないので、アタリがあれば本命の場合が多くあります。ただし、ポイントによってはコノシロの群れが押し寄せて苦戦する場合もあるので、最新の状況をしっかり確認しておくことが重要です。主なエサ取りはベラやフグで、どちらもハリスに傷をつけてくることがあるので仕掛けはこまめに傷が入っていないか確認しましょう。

【清水港2021】冬のフカセクロダイ攻略法4選 乗っ込み期は入門好機ベラも多いのでハリスはまめにチェック(提供:WEBライター・杉本隼一)

乗っ込みが始まる2月から3月は、初心者のクロダイフカセ入門にオススメの時期です。低水温でエサ取りが少ない上に、クロダイが荒食いモードになっているので比較的簡単に本命を釣りやすい絶好のタイミングなので、思い切ってチャレンジしてみるのもいいかもしれません。

【清水港2021】冬のフカセクロダイ攻略法4選 乗っ込み期は入門好機乗っ込みが始まれば数も型も期待できる(提供:WEBライター・杉本隼一)

次のページで冬のフカセクロダイ攻略法を4つ紹介!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。