2月末まで期間限定プールトラウトで『練馬サーモン』手中【西武園FL】

2月末まで期間限定プールトラウトで『練馬サーモン』手中【西武園FL】

埼玉県所沢市にある西武園ゆうえんち内の流れるプールに冬季限定でオープンする西武園ゆうえんちフィッシングランドに釣行。この釣り場の超大物「練馬サーモン」を狙いました。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版・富士村彩花)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

西武園フィッシングランド

昨年、多くの人に惜しまれながら閉園した豊島園。冬季限定オープンしていた管理釣り場に、超大物が潜んでいるといううわさ。その正体は「練馬サーモン」。
体長は70cmを超え、体高があって、丸々太った立派な魚体。引きはもちろん、食味は濃厚な脂がのった赤身が特長のブランド魚。

その魚が、今年から埼玉県所沢市にある西武園ゆうえんち内の流れるプールに冬季限定でオープンする西武園ゆうえんちフィッシングランドに移動。「帰ってきた練馬サーモン!」のタイトルとともに、待望の復活を果たしました。

話は変わってこの日は大シケ。「船が出ないなら陸っぱりの釣りをしよう」ということで、同園を訪れてエリアフィッシングに初挑戦。ほかの管理釣り場同様、レンタルタックルはもちろん、ルアーの購入も可能。釣った魚を持って帰る人用に流し台も完備しているので本当に手ぶらでOK。

ニジマス&アマゴが登場

まず、軽くキャストしたら、周囲の人をまねてリールを巻いていきます。初めて使うスプーンは、ふだん船釣りで使っているジグと比べるととても軽く感じます。風で簡単にあおられてしまうので、タイミングをみて、投げたい位置をしっかり見定めて投入。

流れるプールの利点をうまく利用しながら一定速度で巻き巻き。するといきなり、ググッと竿が曲がってヒット。竿が軟らかいぶん、引きが強く感じられて、やりとりが楽しい。

バレないよう慎重にやりとり。上がってきたのは鮮やかな色が美しいニジマス。このあと、同じ魚やアマゴなど、きれいな川魚がたくさん見られたものの、なかなか本命の練馬サーモンはアタりません。

「練馬サーモン」強襲

気づけば購入した6時間券が残り30分。「結局会えなかったな……」なんて思いながらスプーンを落とした瞬間。底付近で重いアタリ。

今までとは違う引きに期待しつつ、動揺しながらゆっくり巻き上げてくると、まさかの丸々と太った大きな魚体。なんとかネットで取り込み成功。「やった!」念願の1尾をゲットできました。見れば見るほど大きくてとても重かったです。

2月末まで期間限定プールトラウトで『練馬サーモン』手中【西武園FL】念願の一尾(提供:週刊つりニュース関東版 富士村彩花)

次のページで刺身を堪能!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。