【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を

陸っぱりからも手軽に狙える「コウイカ」。釣り味だけでなく食味も抜群!今回は、「イカスミパスタ」のレシピを紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・杉本隼一)

Shunichi_Sugimoto

静岡出身の釣り大好き人間。エサ釣り、ルアーフィッシング問わず様々な釣りを楽しんでいます。陸っぱりがメインですが、最近船釣りに目覚めました。レシピやお役立ち情報も発信していきますのでよろしくお願いします。

×閉じる

その他 レシピ

お手軽ターゲット「コウイカ」

陸っぱりルアーフィッシングのお手軽ターゲット「コウイカ」は、アオリイカに比べて釣り方が簡単で、身近な堤防や波止からでも狙えることから人気が高い釣りターゲットです。アオリイカより低水温に強い傾向があるので、地域やポイントによっては真冬でも狙えます。

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意をコウイカは身近なターゲット(提供:WEBライター・杉本隼一)

コウイカは食味も優秀で、噛めば噛むほど強い旨味が出てきます。アオリイカよりも肉厚でプリッとした食感の身は食べ応えも十分です。コウイカは、大量のスミを吐くのでスミイカとも呼ばれ、イカスミパスタに使うと濃厚な味わいが楽しめます。吐かれるとなかなか落ちずに厄介なイカスミも、有効活用してみてはいかがでしょうか。

コウイカの持ち帰り方

釣ったコウイカを持ち帰る場合はしっかりと締めることが大切です。活きたままクーラーボックスや袋に入れてしまうとスミを吐いて大変なことに。目と目の間が急所なのでピックやナイフで刺して締めます。色が白く変わったら締まった証拠です。締めてもスミが漏れてくることがあるので、汚れないようにチャック袋やビニール袋に入れてから持ち帰ります。

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を袋に入れて持ち帰ろう(提供:WEBライター・杉本隼一)

コウイカの下処理手順

1. 漏れたイカスミを洗い流す

2. 背に切れ目を入れて甲を取り出す

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を甲を取り出す(提供:WEBライター・杉本隼一)

3. 胴体とワタを分離

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を胴体とワタを分離(提供:WEBライター・杉本隼一)

4. 胴体の厚い皮を剥ぐ

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を厚い皮を剥ぐ(提供:WEBライター・杉本隼一)

5. 使いやすいように縦半分に切る

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を縦半分に切る(提供:WEBライター・杉本隼一)

6. 薄皮を丁寧に剥ぐ

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を薄皮を剥ぐ(提供:WEBライター・杉本隼一)

7. ワタとゲソを分離

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意をワタとゲソを分離(提供:WEBライター・杉本隼一)

8. 口を取り、ゲソを丁寧に洗う

9. 食べやすいように切り分ける

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を切り分ける(提供:WEBライター・杉本隼一)

10. ワタの中から破らないよう慎重にスミ袋を取り出す

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意をスミ袋は破れないように(提供:WEBライター・杉本隼一)

イカスミパスタの材料

・コウイカの身とゲソ(食べやすくカットしたもの):好きなだけ
・スミ袋
・カットトマト:300g程度
・オリーブオイル:大さじ2
・にんにく(薄切り):1かけ
・玉ねぎ(みじん切り):1/2個
・輪切り唐辛子:1つまみ
・塩、こしょう:少々
・パスタ:2束
・バジル

【釣果レシピ】コウイカの「イカスミパスタ」 持ち帰り方にはご注意を材料(提供:WEBライター・杉本隼一)

次のページで調理手順を解説!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。