『落とし込み釣り』でヒラマサ・マダイにマグロまで【福岡・須賀丸】

『落とし込み釣り』でヒラマサ・マダイにマグロまで【福岡・須賀丸】

福岡宗像市地島港の須賀丸で落とし込み釣りへ行ってきた。青物ヒラマサ、マダイ、ほか多彩な釣果となった落とし込み釣りをレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

須賀丸で落とし込み釣り

12月上旬、須賀丸で落とし込み釣り。天気予報では風が東から北東の風になりウネリは2~1.5mと言っていたが沖に出てみるとウネリはない。今回のメンバーは佐田さん、中垣さん、左右田さんで行く。

出港時間は午前5時20分。釣具を積み込むとすぐに鐘崎漁港を出港する。私と佐田さんは船室に入って仮眠を取り、ひと眠りしたところでエンジンの音がスローになったところで目が覚める。

釣座に行って仕掛けを作って出来上がったところでポイントに入り釣り開始。同船は探見丸(パーソナル魚探)システム搭載で特に落とし込み釣りには有利なアイテム。ベイトの位置や海底の状況が分かる。探見丸を見ると海底は魚礁のようで注意しながら釣る。

『落とし込み釣り』でヒラマサ・マダイにマグロまで【福岡・須賀丸】筆者の仕掛け(作図:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

7kg級ヒラマサヒット

1投目を入れて仕掛けにベイトが付いたので、そのまま海底に落とすとすぐにアタリがでる。アワセを入れて巻き上げると引きもあり上がってきたのはアカヤガラの1.2m。

ポイントを潮上に移動しながらの釣り。ベイトのイワシは15~18cmあり、大物の青物だとひとのみで食ってくるがヤズ、ヒラゴ(ヒラマサ幼魚)だと一気に食い込みができないサイズだ。

中垣さんのサオにアタリがあり引きも良く、上がってきたのはヒラマサの7kg級。

『落とし込み釣り』でヒラマサ・マダイにマグロまで【福岡・須賀丸】中垣さんにヒラマサ7kg級がヒット(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

9kg級マグロ浮上

9時くらいに船長からマグロが釣れたよと言われ、行ってみると佐田さんが9kgはありそうなものを上げていた。

左右田さんはハリ掛かりするが上げる途中でバラしてしまい、サオが硬いとか言ってサオを替えて釣っていたが思うようにいかないようだ。

ヒラマサも大きく、中には16~18号の仕掛けではハリ掛かりしても一発で切っていく大物も掛かってくる。左右田さんは20号の仕掛けを使っても切られていたようで工夫をしないと上がりそうにない。

納竿間際に5kg級マダイ

移動をして僚船がいる場所で釣りだすと、ここはベイトが多くいた。

私のサオにアタリがあり引きが良い。海底を切るのが大変でやっと切って上げだすが10m巻き上げるとそれ以上にイトが出ていく。そのやり取りを繰り返してヒラマサを海面まで上げたが、取り込みの際に逃がしてしまう。

海面はさざ波が立っており見るとイワシが逃げ場を失って飛び跳ねていた。海面下で青物に追われているのであろう。

納竿間際には佐田さんがマダイの5kg級を上げていた。

『落とし込み釣り』でヒラマサ・マダイにマグロまで【福岡・須賀丸】納竿間際に佐田さんはマダイ5kg級を(提供:週刊つりニュース西部版APC・飛高宏佳)

<週刊つりニュース西部版 APC・飛高宏佳/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:須賀丸
『落とし込み釣り』でヒラマサ・マダイにマグロまで【福岡・須賀丸】
この記事は『週刊つりニュース西部版』2021年1月8日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。