沖磯ルアーゲームで50cm級マダイ&キジハタ連打【福岡・烏帽子島】

沖磯ルアーゲームで50cm級マダイ&キジハタ連打【福岡・烏帽子島】

12月13日、渡船(MARINECROSS玄海)を利用し、福岡県糸島沖の烏帽子島でルアーゲーム。良型マダイやキジハタ(アコウ)がお目見えした釣行をレポートしたい。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー ショア

烏帽子島でルアーゲーム

12月13日、前々から予定していた福岡県糸島沖の烏帽子島に、私と原さん、藤森夫妻と釣行。

前日の夜に近くのフィッシングなかはらで待ち合わせをし、午前3時の開店とともに渡船の受け付けをし、この場で渡船代を払う。そこから岐志漁港に向かい、渡船(MARINECROSS玄海)を待つ。渡船場に着くと、船が来るのをまだか×2と待つルアーマンやフカセ釣り師の人たちが。

4時30分に船が到着し、乗船名簿を書いて、ここで乗る磯が決まる。船長と話して決められる場合もある。今回は女性が1人いたため、比較的足場が良い烏帽子島に。船に乗り込み、いざ出船!

沖磯ルアーゲームで50cm級マダイ&キジハタ連打【福岡・烏帽子島】タックル図(作図:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

40分ほどで烏帽子に到着し、荷物を降ろす。タックルの準備をしながら談笑し、ドラグ調整など行い、足場が見えるようになってきたタイミングでポイントに入る。

30cm級キジハタ登場

ダイビングペンシルを投げ、引いてくるが反応がない。「ん~潮がかまない……」。数投し、タックルを持ち替えてガンガンジグブレード、40g(イワシ、ゴールド)を遠投!

着底後、巻こうとした矢先、すぐにロッドに魚からの反応が!すぐにアワセを入れ、根に潜られないようにゴリ巻きし、上がってきたのは30cmクラスのキジハタ(アコウ)!

沖磯ルアーゲームで50cm級マダイ&キジハタ連打【福岡・烏帽子島】30cm級キジハタ顔見せ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

良型マダイ連発!

写真を撮ってもらい、次は1時方向にキャストし、巻いてくる。途中、いったん底まで沈め、次は速めのリトリーブ。すると「ガツン!」「乗った~!」「ジッジッジッ」「ジィーーッ!」

「60~70cmのヤズかな?でも、もちっと青物なら引くけどな。首は振ってる」。ロッドを立てて、がんがん寄せてくると、海面に浮上したのは丸々肥えたメスのマダイ!「マダイ入ってるの?ベイト入ってるんだな」。

無事キャッチし、写真を撮ってもらうと、口から4cmほどのキビナゴが!「ベイトこれか~小さいな~。そらダイビングペンシルに反応せんよな」。

沖磯ルアーゲームで50cm級マダイ&キジハタ連打【福岡・烏帽子島】50cm級マダイも(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

次は10時方向にキャストし、同じやり方で巻いてくると……「ゴンッ!」「次は~青物~!じゃないね……さっきより小ぶりかな?」。上がってきたのは50cmクラスのオスのマダイ!

キジハタ祭り突入

マダイとキジハタを数尾釣り上げ土産はできたので、青物一本に狙いを定め、大型ダイビングペンシルに反応する個体を狙い、投げて投げて投げまくるが反応なし。途中、ナブラが起きて、その中を通過させるが反応すらしない。「完全に小さいキビナゴにしか目がいってないな」。

潮がいったん止まり、小休憩。ご飯を食べて、ガンガンジグブレードを巻くが反応がないため、今度はガンガンジグスローを使いネチネチやると、30cmクラスのキジハタが。すると、ジグをやっていた原さんにも同サイズのキジハタ。

沖磯ルアーゲームで50cm級マダイ&キジハタ連打【福岡・烏帽子島】キジハタ手中(提供:週刊つりニュース西部版 APC・日髙隆行)

ちょっと離れていた藤森さんにもキジハタが上がり始めた。「キジハタ祭りだな……」。

次のページでナブラチャンス到来!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。