鹿島沖ヒラメ釣りが数&型ともに好調 5kg頭に本命10尾【茨城・長岡丸】

鹿島沖ヒラメ釣りが数&型ともに好調 5kg頭に本命10尾【茨城・長岡丸】

12月15日(火)、茨城鹿島の長岡丸のヒラメ乗合船の釣果の一部をレポート。竿頭は10尾で5kg超も登場し、型・数ともに好機となっている。

茨城県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

長岡丸でヒラメ釣り

12月15日(火)、茨城鹿島の長岡丸のヒラメ乗合船へ。4時半に船着き場に集合し、受け付けを済ませて乗船。5時に出船し45分程走って北寄りの釣り場で開始。さっそく1kg級主体に全員が型を見ると、一時まったりモード。中盤から納竿までにかけては、周囲にトリヤマが見えるようなイワシの反応のなかで2kg超えが多数上がり、この日最大の5kg超えが取り込まれた。

鹿島沖ヒラメ釣りが数&型ともに好調 5kg頭に本命10尾【茨城・長岡丸】3kg級を固め釣り(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

左舷トモに座った水野久美雄さん(船橋市)は2~3kg3尾の固め釣り。「底中心でアタッていたので、潮下の流しではイトを送り出して、仕掛けが底付近をキープするように釣りました」とのこと。仕掛けは自作でステイトは30cm前後、ハリスは全長70cm。横流し釣りならではの状況を活かした攻略。

自作仕掛けで数釣り

左舷胴の間の西﨑行雄さん(富里市)はバラシが少なく確実に上げて10尾で竿頭。同じく左舷胴の間の吉川了太さん(八王子市)に2kg超え。90cmのロングハリスでステイトは30cmの自作仕掛け。「孫バリのトリプルフックは軽量の細軸を使ってイワシに負担が掛からないように注意しました」と言う。

鹿島沖ヒラメ釣りが数&型ともに好調 5kg頭に本命10尾【茨城・長岡丸】良型手中(提供:週刊つりニュース関東版 大高崇)

こういった工夫で釣り上げた1尾は、サイズ以上に価値ある魚。今回短めのステイトを使用する人が多かったが、状況次第で長いほうが効果的な場合もあるので、適宜調整するのがいいだろう。

その後は船中満遍なく2~3kgがアタッて、全員が満足のなか正午前に納竿。

今後の展望

舵を取った長岡寿樹船長の話では「このところは数も型も上向いていて好調です。やはり、バラシが少ない人は数を伸ばしていますね」とのこと。魚影は間違いなく濃いのであとは釣り人次第。チャンスを逃さず、確実にハリ掛かりさせられるか、腕の見せどころだ。

<週刊つりニュース関東版 大高崇/TSURINEWS編>

▼この釣り船について:長岡丸
鹿島沖ヒラメ釣りが数&型ともに好調 5kg頭に本命10尾【茨城・長岡丸】
この記事は『週刊つりニュース関東版』2020年12月25日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。