年に1度の釣り具大掃除:フカセ釣り スチーム洗浄機の使い道は?

年に1度の釣り具大掃除:フカセ釣り スチーム洗浄機の使い道は?

釣り具も年に一度は大掃除をしたいもの。日頃メンテナンスが行き届きにくい細部まできっちり掃除して、気持ちよく次回の釣行に備えましょう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・多賀英二)

Avatar photo
多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。ターゲットはクロ、チヌ、タイです。山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。国産ラインメーカーfathomのフィールドモニターとしても活動しています。

×閉じる

その他 お役立ち

ウェア関連のメンテ

最後はウェア関係です。ベストはポケットの中身とフローティング材を出しての水洗いがオススメです。洗剤を使って洗うと生地を痛めたり、撥水性を損なうことがあるので注意が必要です。

ブーツやシューズは、フェルトタイプのものなら、中性洗剤を薄めた水に10分ほど付け、その後シャワーでしっかり洗い流すのがオススメです。ぬるま湯を使った方が汚れの落ちは良いと思います。乾燥後、ブーツはラバー部にシリコンスプレーをかけ、チャックはロウを塗り込んだりCRCを噴いたりするのがオススメです。シリコンスプレーは、釣行後ごとに噴くと、ラバーのひび割れ防止にもなるので特にオススメです。

大掃除をすることで、日頃、気づかない不具合を見つけたり、足りない物を買い足したりする良い機会にもなると思います。大掃除をして気持ちよく新年を迎えましょう。そして、タックルを完璧な状態に保って悔いのない釣行にしたいですね。

<多賀英二/TSURINEWS・WEBライター>

緊急事態宣言は解除されましたが、外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。