【泉南2021】カサゴゲーム攻略法 小型ながら食味の良さが魅力

【泉南2021】カサゴゲーム攻略法 小型ながら食味の良さが魅力

大阪湾奥に比べてサイズや数も劣る泉南エリアのカサゴゲーム。しかし、水質が良く食味も良いのでぜひ、エリアの特徴を理解して攻略していただきたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪泉南のカサゴゲーム

泉南の海は大阪湾近郊では抜群の透明度、そして様々な生命に富む素晴らしいエリアだ。ただし、なぜかカサゴゲームとなると、意外にサイズが伸びない。とはいえ水質は最高に近いので、泉南のカサゴの食味は際立って良い。

筆者の泉南のカサゴゲームの今期最終釣行は、10月くらい。この時期くらいからは、そろそろ大型が釣れても良いはずだが、20cm未満の小型に留まった。個人的にほとんどアジングで行くエリアなので、読みきれていない部分もあると思うが、泉南であまり大型を釣った覚えはない。メバルはたまに驚くようなビッグサイズ、またブルーバックが出るという特色がある。

数に関しても、あまりたくさん釣れたという覚えはない。集中して2時間やって10尾くらいだろうか。サイズとともに個体数も伸び悩むのは、ひとつ考えられるのが美味なカサゴのアングラーによる「持ち帰り」だ。しかし、泉南はエリアも広大な上、地形変化にも富み、釣りができる場所も多いわりにアングラーはそれほど多くないので、単に「持ち帰り」だけでサイズ、数の伸び悩みが起きるとは考えにくいのだが……。

沈み根や岩礁帯を攻略

泉南の漁港、波止でとにかく多いのが、沈み根、岩礁帯というストラクチャー絡みのポイントである。これが本当に油断できない。ちょっとレンジを入れてドラグ設定を怠っていると、小型でも根に潜る。そして、根に潜られると引き出せないことが多い。こういうエリアでは7ft台後半のロングロッド、チューブラーティップの反響感度を生かして、アタリにしっかりアワせて一発で根から浮かせたい。

【泉南2021】カサゴゲーム攻略法 小型ながら食味の良さが魅力沈み根にご用心(提供:WEBライター・井上海生)

ドラグの設定も強めで、一方的に釣りきってしまおう。またデイゲームではフグ、ベラなどの歯が発達した魚の邪魔が入る。歯の攻撃に強いエラストマー系のワームを使うか、思い切ってワームをゲソにかえてしまうのも良い。ゲソは安いしエサ持ちも良いし、歯魚の攻撃にも耐える。ちなみに極小ジグヘッドを使うと、これら小さなゲストも釣れる。

サイズの壁は20cm?

アジングをしていて、一度か二度、泉南でも25cm級のカサゴを釣ったことがある。ただ、これはまれなケースだろう。普通に足場の良い漁港で足元のカサゴを探ると、やはり20cmの壁に当たる。泉南というコンディション抜群の海でも、意外にこれが超えられない。

おそらく、大型カサゴがいるポイントはある。特にエントリーしやすい岬町エリアには、ちょくちょく漁港があるので、回ってみると良い場所が見つけられるだろう(ただ、釣り禁止の漁港もあるので注意しよう)。

リグの工夫を

筆者の印象としては、消波ブロックに乗って、前に投げて底ぎりぎりをトレースするか、ふわふわとワームを漂わせていると、良型がバイトしてくる感じだ。しかし、根が荒いエリアではロストが避けられないので、ちょっと疲れる。

【泉南2021】カサゴゲーム攻略法 小型ながら食味の良さが魅力根の荒いポイントが多い印象だ(提供:WEBライター・井上海生)

ただ、こういう岩礁帯や沈み根に付いているカサゴはバイトが深い。自分のホームグラウンドなので、ガッツリ口を開けて捕食しにくるのだ。そこで、古き良きテキサスリグで攻略するのも手である。その他、直リグなど、ともかくオフセットフックを使ってうまく根掛かりを回避しながら釣る手はあるはずだ。ワームも2inch、状況次第では3inch前後と大きめにして、大型のバイトを狙いたい。

次のページは泉南エリアのその他ターゲットを紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。