『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が発売 5年に渡るインタビュー敢行

『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が発売 5年に渡るインタビュー敢行

2020年12月19日(土)、株式会社世界文化社から書籍『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が発売される。5年のインタビューから、同氏のマンガ家人生を振り返る。

(アイキャッチ画像提供:株式会社世界文化社)

TSURINEWS編集部

その他 お役立ち

「釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝」が発売

2020年11月20日、急逝した『釣りキチ三平』の生みの親、矢口高雄氏。

氏は筆を折り、病を得ながらも、故郷の「横手市増田まんが美術館」を通じて、81歳で亡くなるまで、マンガと故郷に対して深い愛情を注いだ。

本書では少年時代の手塚マンガとの出会い、安定した銀行員生活を捨ててのマンガ家転身、そして『釣りキチ三平』の大ヒット、東日本大震災、旧作「マタギ」の約40年ぶりの再評価…など矢口氏の人生を振り返る。

5年に渡る矢口氏ご本人と関係者への多くのインタビューを通じて見えてきた、マンガ家人生から、マンガと日本の過去・現在・未来について、元新聞記者の藤澤志穂子さんがまとめた。

■著者:藤澤志穂子
■発売日:2020年12月19日(土)
■定価:1,600円+税
■発行:株式会社世界⽂化社

『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が発売 5年に渡るインタビュー敢行矢口氏の代表作・釣りキチ三平(提供:株式会社世界⽂化社)

目次

【第1章】80歳のツイッター
【第2章】断捨離と復活
【第3章】「三平」の原風景
【第4章】地方の時代
【第5章】「エッセイ漫画」の境地~秋田の足跡
【第6章】マンガ家たちとの邂逅
【第7章】「名伯楽たち」との縁
【第8章】描きたかった郷愁~作品の魅力
【第9章】横手市増田まんが美術館

著者プロフィール

藤澤志穂子:元全国紙経済記者。学習院大学法学部政治学科卒、早稲田大学大学院文学研究科演劇専攻中退。米コロンビア大学ビジネススクール客員研究員、放送大学非常勤講師(メディア論)、秋田テレビ(フジテレビ系)コメンテーターなどを歴任。著書に「出世と肩書」(新潮新書、2017)。東京都出身。

本書へのコメント

・「『マタギ』は30年位したら『マンガで学ぶ文化遺産』みたいな感じで読まれる」里中満智子氏
・「故郷に帰ると『矢口高雄先生くらいにならないと』とよく言われた」きくち正太氏
・「自然の風景を描く際には『釣りキチ三平』を傍らに置いて参考にしてきた」東村アキコ氏

『釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝』が発売 5年に渡るインタビュー敢行釣りキチ三平の夢 矢口高雄外伝より(提供:株式会社世界⽂化社)

<TSURINEWS編集部>

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。