今さら聞けないリールのキホン:ギア比 ハイ&ローの使い分け方とは?

今さら聞けないリールのキホン:ギア比 ハイ&ローの使い分け方とは?

ルアーフィッシングをする上で、必ず聞くのが「ギア比」という言葉。実は釣りをする上で非常に重要な要素です。今回はこのギア比について、ベイトリールを例に紹介します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・川上克利)

川上 克利

身近で楽しめる釣りを主に執筆していきたいと思います。個人的には淡水の釣りが多いですがソルトゲームも手を出します。

×閉じる

その他 お役立ち

リールの「ギア比」とは?

ギア比はリールのハンドルを一回転回した際のスプールの回転数です。

今さら聞けないリールのキホン:ギア比 ハイ&ローの使い分け方とは?リールのハンドル(提供:WEBライター・川上克利)

このハンドルを回すとスプール部分が回転し、この回転数でギア比が決定します。ギア比の数値が高いほど、ハンドル一回転あたりのスプールの回転数が多くなりラインの回収速度が速くなり、反対にこのギア比の数値が低いとハンドル一回転あたりのスプールの回転数は少なくなり、ハンドル一回転で回収できるラインの長さは短くなります。

今さら聞けないリールのキホン:ギア比 ハイ&ローの使い分け方とは?スプール(提供:WEBライター・川上克利)

ギア比ってどこに書いてあるの?

そんなベイトリールのギア比ですが、多くのベイトリールにはボディのどこかに書いてあります。

今さら聞けないリールのキホン:ギア比 ハイ&ローの使い分け方とは?ボディを探せば表記が見つかる(提供:WEBライター・川上克利)

このリールではハンドルの付け根部分にギア比が書いてあります。

7.2:1 gear ratio(ギア比)とは、ハンドルを一回転するとスプールが7.2回転するという表記です。

今さら聞けないリールのキホン:ギア比 ハイ&ローの使い分け方とは?独自の表記を使うメーカーも(提供:WEBライター・川上克利)

このタイプのベイトリールには直接的な数値が書いておらず、XG(エクストラハイギア)という表記があるだけです。

このアルファベットでのギア比の表記ですが、メーカーごとに表記基準が違うことがあるのであらかじめメーカーホームページなどで調べておきましょう。

次のページでギア比ごとのメリット&デメリットを解説

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。