バスタックル流用の「ライトゲーム」でアジ&カサゴ手中【大阪南港】

バスタックル流用の「ライトゲーム」でアジ&カサゴ手中【大阪南港】

11月下旬、中潮の大阪南港でライトゲーム。本命のタチウオは不発に終わるも、アジとカサゴを手中におさめた模様をレポートしたい。

大阪府のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

大阪南港でライトゲーム

11月26日は中潮で17時頃の満潮。晴れで北北東の風が3mという条件下、16時半~20時の釣りタイムとなった。

この日の大阪南港は、コンディション的にちょっと読めない海だった。こころなしか澄み潮で、ベイトフィッシュの気配はあるが、どうやら最近の傾向から見ると、今年のタチウオはこれら10cm足らずの小魚を捕食していない。何を食っているのか分からないくらい連日渋い。

マッチ・ザ・ベイトは措いて、攻める手はワインド。基本的にはそれでリアクションバイトを誘うしかない。

バスタックルでチニング

年中ライトゲーマーの筆者だが、当日はタチウオ用にいつもと違うバスタックルを用意。7ftでML調子のロッド、2500番にPEライン0.5号を巻いたリールを持ってきた。時合いにワインドで反応しないことは最近の釣行から明白。そこで、夜までは釣りものをかえて、リーダー8lbの先にバスワーム2inchをつけて波止際を通し、普段のライトブリームとは違う「強気のチニング」でいく。

凪なので0.8gのジグヘッドで十分沈んだ。ボトムをふわふわ漂わせていると、デカいバイトが。尺級カサゴを警戒して、かなり強めに締めていたドラグを、ずるずると滑らせて沖へ走っていく、猛烈な引き。相当パリッとした張りのあるバスロッドでも、制御できない。これは格が違うかもしれない、そう思った瞬間、フッと切れた。回収すると、本線が擦れて切れている。

痛恨のバラシだ。リーダーは100cm程度にしていたが、もっと長めにとらねばと学習した。しかし、これまではアジングロッドでやっていたチヌも、バスロッドでも掛けて、かなり対等に近い条件で勝負できることを発見。

大型カサゴ続々

また大型カサゴも一方的に釣りきれた。カサゴもこの場所では頭を抱えるターゲットだ。異様に良型が多く、ボトムで居食いされると、アジングロッドでは90%力負けする。しかし、バスロッドなら簡単に釣り上げられると分かった。しかも、引きこそ相対的に小さく感じられるが、アタリはまったく減らない。

バスタックル流用の「ライトゲーム」でアジ&カサゴ手中【大阪南港】大型カサゴが次々上がった(提供:WEBライター・井上海生)

常夜灯下でアジ手中

当日は満月回りの中潮。どうかな…と思いながら、アジを狙って常夜灯下に移動した。少しだけ反応する群れがいる。

バスタックル流用の「ライトゲーム」でアジ&カサゴ手中【大阪南港】常夜灯下にアジを発見した(提供:WEBライター・井上海生)

横風に苦しみながら、エステルライン0.2号でなんとか豆アジを3尾連続でキャッチ。最近釣れていなかったのだが、釣り方を忘れていなくてよかった…。

バスタックル流用の「ライトゲーム」でアジ&カサゴ手中【大阪南港】豆アジは3匹釣れたが…(提供:WEBライター・井上海生)

しかし、その後がまったく続かない。理由は明白だった。愚かなことに私が、豆アジをそのままポンとリリースしていたのだ。活性が上がりきらない条件では、アジはリリースした個体のサイズの群れが確実にスレる。それを3つ連続でやってしまったのだから、反応しなくなって当然だ。

それもこれも風のせい…と言いたい。本当にこの寒い時期の横風は集中力や判断力をそいでしまう。私も豆アジングは相当数経験して、パターンも組み立てているが、冷たい横風で状況判断が鈍り、安易なリリースで自分で釣るチャンスを潰してしまった。猛省。

タチウオは不発

本命としていたタチウオはまったく気配なし。今年は本当に難しい…。それとも、私の狙いが悪いのだろうか。いや、実際、ウキ釣り師に聞いてみても「ほぼ入っていない」と言う。

ちなみに後日、大阪湾の釣り動画を見ていたら、バス界の某天才プロダクターも、タチウオは1匹で止まっていた。この人が釣れないなら、そこにタチウオはいないのだ…と、今はそう思うしかない。私もミノーで釣ったきりだ。ワームへの反応は今のところ「皆無」。

次のページで「バスロッド流用の感想」を紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。