【東北2020】ロックゲームのキホン:『テキサスリグ』の使い方

【東北2020】ロックゲームのキホン:『テキサスリグ』の使い方

東北のロックフィッシュ、主に「アイナメ」や「ベッコウゾイ」を狙う際に多用されるテキサスリグについて、ウェイトの選び方からアクション方法など、基本的な使い方を解説します。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・川島浩平)

川島浩平

エコギアプロスタッフ。ロックフィッシュ、メバル、渓流ルアーフィッシングを楽しんでいます。釣り以外の趣味はキャンプと相撲観戦!岩手県在住。

×閉じる

ソルトルアー ショア

東北ロックゲームの特徴

東北ロックフィッシュゲームでメインターゲットとなるのは、アイナメ、ベッコウゾイ、クロソイといった魚種で、シーズンとしては通年狙うことができます。その中で、ハイシーズンと言えるのは、適水温に近くなりシャローに差してくる「初夏」と「冬」です。

釣り方としては、「ベイトの動きを意識」する初夏と「産卵行動」を意識する冬に分けることができます。代表的なリグには、テキサスリグ、ジグヘッドリグ、直リグ、フリリグなどがあります。

テキサスリグのメリット

テキサスリグとは、バレットシンカーとオフセットフックを組み合わせたシンプルなリグ。カバー周りの釣りで多く使われています。

テキサスリグのメリットと魅力は、フックポイントが隠れているため、根掛かりが少ない。海藻のすり抜けがいい。ワームの種類を選ばない。などが挙げられます。

一方、デメリット&注意点としては、パーツが多く、リグのセットに時間がかかる。フックポイントが隠れている分、フッキングが少し悪いといったところでしょうか?

【東北2020】ロックゲームのキホン:『テキサスリグ』の使い方根掛かりが少ないテキサスリグ(提供:WEBライター・川島浩平)

ルアーアクションの基本

ロックフィッシュ狙いにおいて、シンカーの選び方で基本となるのが、「底を取れる重さ」を選ぶこと。根周りをすみかとする魚であるため、しっかりと底を取れる重さのシンカーを使用し、目の前にルアーを送り込みましょう。

基本となるアクションは、「リフト&フォール」。リフト後のフォールでは、ストラクチャーをタイトに狙える「フリーフォール(リフト後、ロッドティップを下げる)」、スイミング気味に広く探れる「カーブフォール(リフト後、ロッドティップを下げない)」と、2パターンを使い分けるといいでしょう。また、着底後は、素早く次のリフトを開始し、根掛かりを防ぐのも重要なポイントです。

次のページでは便利グッズを紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。