芦屋沖ジギングでメーターオーバー含み大型『サワラ』顔見せ【福岡】

芦屋沖ジギングでメーターオーバー含み大型『サワラ』顔見せ【福岡】

11月上旬、釣友の大島さんの船で芦屋沖にジギングへ行ってきた。小雨の降る生憎の天候の中で、102cmの大型サワラも登場した沖ゲームをレポートする。

福岡県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

芦屋沖でジギング

11月上旬、釣友の大島さんの船で芦屋沖にジギング。当日の参加メンバーは船長の大島さん、白澤さん、平川さん、私の計4人。釣り場に向け、午前7時すぎに出港。

芦屋沖ジギングでメーターオーバー含み大型『サワラ』顔見せ【福岡】筆者のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

まずは60cmサゴシ

ポイントに向かう途中、魚探(魚群探知機)が良い反応を見つけ、ジギングスタート。

何度か探っていると、フォール中にラインが止まるアタリ。すかさずアワセを入れると、大きくはないが何かヒット。ゆっくりと巻き上げ、釣れたのは60cmのサゴシ。

その後は反応もなくなったので、最初に決めたポイントへ移動。

102cmの大型サワラ登場

水深55mの所で再開すると、平川さんが40cm級のエソをダブルヒット。その後、ほか3人も順々に同サイズのエソがヒットするが、釣っても釣ってもエソばかりで、次のポイントへ移動。

次も水深55mで、しばらく探るもアタリがない。それでもみんな黙々とシャクり続けていると、大島さんにエソとは違う魚がヒット。しばらくのやり取りの後、海面に姿を見せたのはサワラだ。計測すると、102cmの大型であった。

芦屋沖ジギングでメーターオーバー含み大型『サワラ』顔見せ【福岡】大島さんが大型102cmを見事に仕留めた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

筆者に81cmサワラ

それから再びアタリは遠のいたが、次のチャンスを待ってシャクり続けると、ボトム(海底)から20mほど上げた中層で待望のアタリ。追いアワセをしっかり入れて、きっちりとフッキングさせる。引きを楽しみながら釣り上げたのは、サワラ81cmだった。

芦屋沖ジギングでメーターオーバー含み大型『サワラ』顔見せ【福岡】筆者も引きを楽しみ、81cmをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹)

その後は再びアタリが遠のき、ポイントを転々と回ってみたが、エソ以外には出会えず、午後1時30分ごろに雨・風ともに強くなり、波も高くなったので納竿とした。

<週刊つりニュース西部版 APC・稲永繁樹/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年11月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。