外房テンヤマダイ釣りで笑顔 4kg級大型ゲストの正体とは?【つる丸】

外房テンヤマダイ釣りで笑顔 4kg級大型ゲストの正体とは?【つる丸】

友人の金澤美穂さんに誘われて、人生2度目のテンヤマダイに挑戦。外房大原のつる丸にお世話になりました。

千葉県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

つる丸でテンヤマダイ

外房大原のつる丸は彼女と相性がいい船宿だそうで、「私もご利益にあやかりたい」と前日からドキドキワクワク。午後船ということもあってちょっとゆっくり。睡眠十分、体調万全で臨みました。

船は定刻に出発、航程約30分で最初のポイント水深25~30mに到着。まず、10号のゴールドカラーのテンヤで始めました。着底後すぐにイトフケをとって、1mタナを切ってから大きく上下にゆっくり誘います。

頻発するアタリの正体

すると、心の準備をする間もなくすぐにアタリ。アワせることができず、そのまま待っていると反応が消えてしまいました。仕掛けを回収してエサのチェックをすると、やっぱり取られていました。エビを付け直して落とします。

「今度こそは」と竿先に集中しているとすぐにまたコツン。今度はすぐに身体が反応して大アワセ……。でも、スッポ抜け。「どうしてかな?」と、考えていると美穂さんから「テンヤを軽くしてみたら?」のアドバイス。そこで、8号のレッドにチェンジ。先ほどと同じように誘ってみるとすぐにプルプル。思いきりアワせるとヒット!すんなり上がってきた魚の正体はベラでした。

本命マダイにマハタも登場

気を取り直して再チャレンジ。着底後、同じように待っていると、またまたコンコンッ。今度はアワセがばっちり決まりました。釣れてきたのは、かわいいサイズのマダイ。

これをきっかけにアタリが増え、仕掛けを下ろすのが楽しくてしかたありません。サイズアップの本命を追加したあと、今までより竿が大きく曲がって、あきらかにタイやベラとは違う引き。「今度は何?」と、期待しながら巻き上げてくると、なんと高級魚のマハタでした。

外房テンヤマダイ釣りで笑顔 4kg級大型ゲストの正体とは?【つる丸】高級魚ゲット(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

40cmマハタをゲット

このあと、マダイを数尾釣って気分はウキウキ。すると、突然、身体が前のめりになるくらいの重量感ある引きが襲ってきます。無我夢中でリールを巻いて、ふと気がつくと隣で船長がタモ入れスタンバイ。網に収まったのは40cmのマハタ。またまた高級魚の登場に顔がニヤけてしまいます。

外房テンヤマダイ釣りで笑顔 4kg級大型ゲストの正体とは?【つる丸】良型マハタ手中(提供:週刊つりニュース関東版 石坂衣里)

次のページ当日イチの大型魚登場!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。