折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に

どんなに大事にしていても、思わぬところで折れてしまうのがロッド。今回は自分で簡単に折れたサオを修復する方法を紹介しましょう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・池下洋平)

Noni

1980 年、香川生まれ。2 児の父。瀬戸内海でのカヤックフィッシングを中心に、ソルトゲームを楽しむ。

×閉じる

その他 お役立ち

作業手順

1.折れた部分の上下、ヒビなどがある部分はカットするため、位置が分かるようにマスキングテープを巻く。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能にカットする位置にマスキングテープ(提供:WEBライター・池下洋平)

2.糸鋸で不要部分をカットする。できるだけ断面がまっすぐになるように!

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に糸鋸を使ってできるだけまっすぐにカット(提供:WEBライター・池下洋平)

3.内径に合わせてインロー芯を用意する。今回は使用していないカーボンロッドの一部を代用した。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能にインロー芯は使用していないロッドの一部を利用(提供:WEBライター・池下洋平)

4.内径ピッタリか少し太いインロー芯を紙やすりでぐるぐる削って微調整する。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に紙やすりで削って径を微調整(提供:WEBライター・池下洋平)

5.仮組みし、インロー芯とロッドを接着剤でしっかりと固定する。インロー芯が中で動いてしまうことを防ぐため、片側をしっかり固めてから反対側の固定を行う。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に使用した接着剤(提供:WEBライター・池下洋平)

コツは、接着剤をたっぷり付けて抜き差しし、溢れたものは拭き取る。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に接着剤はたっぷり付ける。右は接着後(提供:WEBライター・池下洋平)

6.スレッドを巻く。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能にスレッドを巻いた状態(提供:WEBライター・池下洋平)

7.まずは筆や爪楊枝でUVレジンを均等に塗布し、UVライトを使ってコーティングする。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に筆や爪楊枝でUVレジンを均等に塗布(提供:WEBライター・池下洋平)

UVライト照射の際、筆者はダンボールで自作したロッドラッパー風の台を使用している。UVライトの照射時間は1回が30秒!硬化具合が気になる時は2~3回行う。

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能にネイル用UVライトを照射(提供:WEBライター・池下洋平)

およそ2時間で修理完了!

インロー芯固定に用いた接着剤の硬化時間約1時間を除けば、実際の作業時間は1時間程度。マスキングテープ、糸鋸、紙やすり、UVレジン液などは100均等で安価に入手できる。メーカー修理に出すほどでも無いけど捨てられずに眠らせてあるロッドをお持ちの方は試してみてはいかがだろうか?

折れたロッドを自分で直す方法  UVレジン活用で時短修理が可能に補修の完了(提供:WEBライター・池下洋平)

次のページで注意点&UVレジンについての補足点を紹介

現在、一部都府県に緊急事態宣言もしくはまん延防止等重点措置が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。