【東海2020】ボートワカサギ釣り初心者入門 『100匹超え』を目指そう

【東海2020】ボートワカサギ釣り初心者入門 『100匹超え』を目指そう

ワカサギ釣りは誰でも楽しめる気軽な釣りだ。また釣り初心者でも簡単に入門できるのも魅力で、コツをつかめば100匹超えも難しくない。今回はワカサギ釣りの基本的な釣り方を紹介したい。

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 松森渉)

TSURINEWS編集部

淡水の釣り ワカサギ釣り

多様なワカサギの釣法

ワカサギはキュウリウオ科ワカサギ属の淡水魚だ。漢字で書くと公魚。地方名ではアマサギ(山陰地方)、チカ(北海道)とも呼ばれている。主に北日本や西日本に多く分布しているが、適応力が強く分布は広がっている。

【東海2020】ボートワカサギ釣り初心者入門 『100匹超え』を目指そう連釣できれば釣果は飛躍的に伸びる(提供:週刊つりニュース中部版 松森渉)

主食は動物性プランクトン。湖、池、人工池が主な釣り場になるが、釣りスタイルは場所によって違うのがワカサギ釣りの特徴のひとつ。北海道など北日本では、氷上の釣りスタイル。西日本ではボート釣りが主体。長野県などではドーム船が有名。桟橋から狙うスタイルもある。

【東海2020】ボートワカサギ釣り初心者入門 『100匹超え』を目指そう中部エリアでは貸ボートが主流(提供:週刊つりニュース中部版 松森渉)

ボートワカサギ釣りの基本

ワカサギ釣りは仕掛けを落とす、誘う、アワせる、巻き上げるだけの動作の簡単な釣り。小さな魚なので力も必要ない。道具は小さくて軽いので、扱いやすく疲れない。しかしそれなりに数を釣るにはある程度のコツは必要だ。

【東海2020】ボートワカサギ釣り初心者入門 『100匹超え』を目指そうタックル図(作図:週刊つりニュース中部版 松森渉)

1.リールのドラグをフリーにして仕掛けを落とす。
2.仕掛けが底に着いたら、ドラグをロックして少しイトフケを取る。
3.誘いを入れる。誘いの回数や強弱は状況によって使い分ける。
4.誘いを入れたら、穂先でアタリを見てアワせる。
5.穂先にワカサギの重みを感じたら巻き上げる。

次のページは応用的な釣り方を伝授!

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。