今さら聞けないメバリングのキホン:釣果にも関わる『リリース術』

今さら聞けないメバリングのキホン:釣果にも関わる『リリース術』

メバルは賢い魚だ。特にメバリングにおいて、同じ場所で釣り続けることは難しい。今回はメバルをスレさせず、同じ場所でサイズを伸ばすためのリリース術などを紹介しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

ソルトルアー ショア

リリースは離れた場所で

まず、メバルを釣る。リリースメインのライトゲーマーの場合、写真撮影するか、まあそのままリリースすることになる。フィッシュグリップでつかんで、海にポン、だ。

しかし、同ポイントで釣り続けたい場合、または釣り場所が限定される場合、この単純なリリースはよくない。特に海面から遠いところからポンと離すと、メバルが海に落ちていくときの音が大きくなり、その音で群れにプレッシャーがかかる。

「そんなおおげさな」と思うかもしれないが、これは実際そうだと思う。確かに1匹2匹程度なら影響がないが、釣り続けていくうち、その「音」の回数が重なると、確実にプレッシャーがかかる。「潮もいいし、静かな釣りをしているのに、なぜか釣れなくなったな…」という経験をしたアングラーも多いのではないだろうか?

それは、やはりリリース音の蓄積にスレているからだと考えた方がいい。またメバルにかかわらず、魚はリリースすると仲間に「言いつける」と言われる。これも故なきことではないだろう。

魚を放す際には、必ず釣った場所から少し離して、海面に近いところで優しくリリースするのが鉄則である。

良型メバルこそリリース

メバルは一年に3cm程度しか大きくならないといわれる。成長が遅い魚の部類に入る。そこで、小さすぎる魚はもちろん、大きめの魚こそ、リリースしたい。

たとえば27cmのメバルが釣れたとする。それが自己レコードのメモリアルフィッシュだとしても、ここはやはりリリースだ。特にそれが自分しか知らないような極秘ポイントである場合は、必ず次のシーズンに30cm級になって戻ってくる。ライトゲーマーの憧れである尺メバルのポテンシャルが出てくるのだ。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣果にも関わる『リリース術』尺前…リリースしよう(提供:WEBライター・井上海生)

私も実際そうしている。25cm級以上は、リリース。22cmくらいなら、煮付けにしてもよし、刺し身での食いでもあるので、持って帰ることもある。

長く釣り続ける方法

リリースの話に関連して、ワンポイントで長く釣るための方法について、考えてみる。

キワのリトリーブ

まずはキワのリトリーブだ。それも潮の条件によっては、波動の大きいシャッドテールのワームから通す。キワといっても、微妙にコースをかえながら、三方向、そしてノーマルリトリーブ⇒スローリトリーブという切りかえで、まず6種類のパターンでメバルが数尾釣れる。シャッドテールにスレたと思っても、カラーをかえれば、もう何匹か追加できる。

今さら聞けないメバリングのキホン:釣果にも関わる『リリース術』基本となるキワのリトリーブ(提供:WEBライター・井上海生)

「静」のレンジキープ

そこからは、「静」の釣りに切りかえる。0.6g程度のジグヘッドにピンテールワームをセットし、表層をレンジキープする。アジングのようにちょんちょんとアクションを入れてやると、それがきっかけになって食ってくる。これもキワのコースかえで三方向。そして、次にちょんちょんアクション皆無の、「サイレントレンジキープ」で三方向。これでかなり数が追加できる。

「サイレントレンジキープ」は、軽量リグを使えば、ただラインスラックをとるためのリーリング、ロッドはやや立て気味にするだけで、PEそのものの浮力もあるのでかなり簡単にできる。習得しておくと、アジング、またスレたチヌにも使えるので、非常にいい。

また「三方向」と繰り返しているが、これは、立ち位置から「右・左」のキャストにすることで、1つの釣り方で「六方向」の釣りができる。ただ、キャストする手、リールを巻く手によって、釣り人により「気持ち良い方向」は異なるはずだ。そこで右・左どちらかに限定して釣った方が、疲れずに釣れると思うので「三方向」を基本に考える。

次のページで「キワ」以外のポイントを紹介

新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言は全国で解除されましたが、外出する際には各自治体の最新情報を確認するなど引き続き感染拡大防止に努めてください。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしています。