サケ有効利用調査釣行で10匹手中 スプーンに切り身が奏功【富山・小川】

サケ有効利用調査釣行で10匹手中 スプーンに切り身が奏功【富山・小川】

11月4日、富山県の小川で行われたサケ有効利用調査に15年ぶりに見事当選。息子と楽しい釣りができた模様をレポートしよう。

富山県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・後藤正三)

TSURINEWS編集部

ルアー&フライ トラウト

小川でサケ有効利用調査

11月4日、富山県の小川で行われたサケ有効利用調査に向かった。釣り場に前日の昼ごろ到着、川の下見に行き、釣り人に状況を聞いた。今年は遡上が多く、2時間でオスを3匹釣って終了したとのこと。翌日も釣るそうで、スプーンのフックにサンマの切り身を付けるとアタリが多いと教えてくれた。

当日は、午前9時半に受け付けを済ませ調査員からルールとマナーを聞いて釣り始めた。

サケ有効利用調査釣行で10匹手中 スプーンに切り身が奏功【富山・小川】当日の仕掛け(作図:週刊つりニュース中部版 APC・後藤正三)

最終釣果

息子に1匹でも釣ってもらおうと思っていたが、河口で3匹釣って終了した人の後に入り、午前11時までにオスを2匹、午後3時の終了まで頑張ってメスは6匹釣ってくれた。

サケ有効利用調査釣行で10匹手中 スプーンに切り身が奏功【富山・小川】息子はオス2匹とメス4匹(提供:週刊つりニュース中部版 APC・後藤正三)

最終釣果は、息子が61、46cmのオス2匹とメス4匹、私は61、56cmのオス2匹とメス2匹だった。

サケ有効利用調査釣行で10匹手中 スプーンに切り身が奏功【富山・小川】筆者はオス2匹とメス2匹(提供:週刊つりニュース中部版 APC・後藤正三)

<週刊つりニュース中部版 APC・後藤正三/TSURINEWS編>

▼問い合わせ
朝日内水面漁協
この記事は『週刊つりニュース中部版』2020年11月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。