磯フカセで52.5cm「年無し」頭にチヌ3尾 遠近釣り分けがキモ【青海島】

磯フカセで52.5cm「年無し」頭にチヌ3尾 遠近釣り分けがキモ【青海島】

季節風で思った磯に上がることができない秋から冬。それでも工夫をして釣っていると思わぬ出会いが…今回はそんな大物に巡り合えた釣りをレポート。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・多賀英二)

多賀 英二

フカセ釣りメインでやっています。ターゲットはクロ、チヌ、タイです。山口県は北部、西部の磯や波止、大分、長崎、鹿児島など幅広くフィールドに足を運んでいます。釣り場であった際は、情報交換しましょう。国産ラインメーカーfathomのフィールドモニターとしても活動しています。

×閉じる

海釣り 磯釣り

青海島でフカセ釣り

本格的に秋シーズンがはじまりましたね。これからの季節は、シケることが多くなり、渡船を使用したものの外海に出られず、湾内付近での釣りになることもあるかと思います。今回の釣行はまさにそんな感じでしたが、思いもよらぬ出会いがあったので紹介したいと思います。

10月25日、山口・長門市にある青海島エリアに釣行しました。渡船は沖千鳥を利用しました。青海島でも一級瀬に当たる「Bコースの鳥ヶ瀬」を予約していましたが、当日はシケてて、結局「Aコースの鳥ヶ瀬」に上がることになりました。
青海島は瀬が多数あり、狙える魚種が豊富なことが魅力の一つです。沖千鳥では、A、B、Cコースとエリアが分けられており、広範囲に渡って青海島エリアをガイドしてくれます。

磯フカセで52.5cm「年無し」頭にチヌ3尾 遠近釣り分けがキモ【青海島】当日上がった磯周辺(提供:WEBライター・多賀英二)

仕掛け&エサ

当日はクロ釣りの予定でエサなどを準備していたので、まきエサはオキアミボイルにパン粉を混ぜたものでした。さしエサは、オキアミのボイルと生を用意しました。

仕掛けは、磯竿1.25-5mにスピニングリールが3000番、道糸は1.75号、ハリスじは1.75〜2号、ハリはグレ5〜7号の組み合わせとしました。釣り場に着いて、少しの間ハリスを2号にして様子を見ていましたが、1.75号に落としました。ハリも同様で、理由としては食いが渋いと感じられたからです。

流し込んで穂先に反応

潮が通す時は、さしエサが残って帰ってくることが多かったです。水深が浅いこともあり、タナは2ヒロ前後で釣っていました。足元から20〜30m遠投した方が潮通しがよく、ボイルの利点も活かして広範囲にポイントを探ります。

釣り座から見て右側に潮が通していたので遠投して、ひと流し5分以上のスローな釣りです。たまにエサがかじられましたが、まきエサを沖にまいても、エサ取りの出方が激しくなく、足元近辺に滞在する傾向が見られました。

52.5cm大型チヌ浮上

ラインでアタリを取っていると、穂先にアタリがあり、そのまま少しラインにテンションをかけて待っていると、手元にアタリがきました。アワせるとかなりの引き。結局、これが52.5cmの年なしクラスのチヌ。50cmオーバーの、独特な重量感のある引きでとても楽しませてくれました。

磯フカセで52.5cm「年無し」頭にチヌ3尾 遠近釣り分けがキモ【青海島】1匹目のチヌは52.5㎝あった(提供:WEBライター・多賀英二)

その後、すぐに49cmのチヌを追加。さらに足裏サイズのクロをコンスタントにヒットさせ、数釣りを楽しみました。足裏サイズのクロの中には30cm前後のクロも交じっていて、時折ヒットしてきます。

磯フカセで52.5cm「年無し」頭にチヌ3尾 遠近釣り分けがキモ【青海島】大型チヌが連発した(提供:WEBライター・多賀英二)

次のページで当日の攻略法を紹介!

現在、一部都府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。