スピニングリールのメンテナンス術:『スプールエッジ』の小傷応急処置

スピニングリールのメンテナンス術:『スプールエッジ』の小傷応急処置

どんなに注意していてもスピニングリールに細かい傷や汚れが付くことは避けられない。ただ、スプールエッジの傷については見逃せない。応急処置を説明しよう。

(アイキャッチ画像提供:WEBライター・井上海生)

井上海生

フィールドは大阪近郊。ライトゲームメイン。華奢なアジングロッドで大物を獲ることにロマンを感じます。

×閉じる

その他 お役立ち

スプールエッジの傷を修復

先日、不注意で、愛用の2000番リールのスプールエッジに、細かいキズをたくさん入れてしまった。スプールエッジのキズは、とくに繊細なラインを使うライトゲームでは、ライン放出を妨げたり、キャスト切れさせたりと、釣りの大問題となる。しかしごく小さなキズであれば、スプールを買いかえるほどではない。耐水ペーパーで修理することも可能だ。

傷修理に必要なもの

・マスキングテープ
・耐水ペーパー1000、1500、2000番。
・水
・仕上げ剤(あれば尚よし)

以上、4つでOKだ。耐水ペーパーは、この程度の番手ならば、3つセットになったものが100均で売られていることもあるようだ。マスキングテープと共に、以前車のキズ修理に使ったときの残りを今回は使用した。つまり実質、コストゼロ。

仕上げについては、さらに細かい番手の耐水ペーパーでもいいが、金属磨き剤である「ピカール」などを使うといい。この手の仕上げ剤は、ペースト液体を擦りつけるものでありながら、実は、大体4000番手くらいの耐水ペーパーと同じ働きをするようだ。

また、耐水ペーパーを浸す「水」だが、これは、より粘性の高いオイルでやった方がいいという話もある。その方が簡単にキズを均せるようだ。今回、私はスプールエッジの広範囲にキズをつけてしまったので、水を使用した。

修理の工程

キズが入ったスプールは、こんな感じだ。

スピニングリールのメンテナンス術:『スプールエッジ』の小傷応急処置キズを入れてしまったスプール(提供:WEBライター・井上海生)

このような細かいキズでも、細イトには致命的である。要修理だ。

テープでイトを養生

まず、キズの研磨・均しの前に、スプールに巻いているイトを防備しなければならない。このように、マスキングテープで養生する。後からきれいにはがれるので、不用意にラインを削らないように、しっかりと一周させよう。

スピニングリールのメンテナンス術:『スプールエッジ』の小傷応急処置スプールのイトをマスキングテープで養生(提供:WEBライター・井上海生)

耐水ペーパーで削る

そして、耐水ペーパーを水に浸して、削っていく。大きめのキズを、1500番の耐水ペーパーでまず擦る。途中、擦った部分の手触りを確かめながら、削りすぎないように注意。滑らかになるまではひたすら優しく、水にちょこちょこ浸し直して、擦っていく。

スピニングリールのメンテナンス術:『スプールエッジ』の小傷応急処置耐水ペーパーで磨く(提供:WEBライター・井上海生)

ちなみに、この程度の浅いキズであれば、耐水ペーパー1000番の粗さは不要だった。「くぼみ」が発生しているような大きめのキズには必要だろう。

仕上げ

1500番でスプールエッジのキズを大体ならせたら、次は2000番を取り出してくる。そして同様に水に浸して、より目の細かい2000番耐水ペーパーで、仕上げていく。

手で触ってみて、つるつるすべすべになれば、これで完了だ。

スピニングリールのメンテナンス術:『スプールエッジ』の小傷応急処置手で触ってつるつるすべすべ、完了(提供:WEBライター・井上海生)

金属磨き剤が手元にある人は、この状態からさらにそのペーストで磨けば、よりよい状態にもっていける。もちろん、そのときもラインは養生したまま磨こう。

次のページで『スプール修復の欠点』を紹介

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。