タルイカジギングで9.3kg本命 日本海モンスターと真っ向勝負【福井】

タルイカジギングで9.3kg本命 日本海モンスターと真っ向勝負【福井】

福井県敦賀市色ケ浜から出船する遊漁船でタルイカジギングに初挑戦した。終了間際に「極太」タルイカとの対面が叶った釣行をレポートする。

福井県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース中部版 APC・鈴木利夫)

TSURINEWS編集部

ソルトルアー オフショア

敦賀出船でタルイカジギング

10月21日午後3時30分ごろ、釣友の熊澤さんと一緒に福井県敦賀市色ケ浜の船宿到着。この日は、タルジギング好きアングラー総勢16人での釣行となった。そしてタルジギングのパイオニア的な存在である岩城さんも参加していた。

夜は曇天でも徐々に南風が強まる予報だった。私と熊澤さん、ノリさんの3人は右舷胴の間に座る。午後4時30分に出船。

タルイカジギングで9.3kg本命 日本海モンスターと真っ向勝負【福井】当日のタックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・鈴木利夫)

誘いとアワセを教わる

航程1時間ほどでポイントに到着すると、予報通り風は強い。

パラシュートが入り、いよいよ釣り開始だ。船が安定すると「水深240m、タナ40~100mを誘ってください」とアナウンス。頭上から集魚灯が照らされたが、船上は静かな時間が過ぎる。

しばらく岩城さんはサオを出さず、各アングラーに声をかけて誘いやアワセなど丁寧にアドバイスしている。初挑戦の私はアワセのタイミングを教えていただき、このアドバイスが結果的に良かった。

スルメ&サゴシが浮上

水深80m付近でスルメイカが上がる。さらに両舷でサオが曲がり、スルメイカやサゴシが抜き上げられた。やがてノリさんのサオが曲がったが、タルイカの強烈な引きがない。抜き上げたのはスルメイカだ。

熊澤さんは船酔いで戦意喪失となり、船上で横になっていた。

私に80m付近でアタリ。即アワセを入れると、タルイカではなさそうだ。海面下からサゴシが浮上。

納竿間際にドラマ

やがて風が強くなり、波も高くなってシケ模様になった。船長は魚探を見ながらベイトの反応があるタナを頻繁に教えてくれる。やがて沖上がり1時間前が告げられた。

そんな嫌な雰囲気を吹き飛ばす、うれしいドラマが沖上がり30分前に起きた。私が75m付近から誘い上げた瞬間、軽くサオが2回押さえ込まれた。ここで我慢すると、鋭い突っ込みが。「きたぁ~」と大声で叫び、岩城さんのアドバイス通りに大きくアワセを入れた。これで完全にカンナに掛かったようだ。

巻き上げると簡単に上がってくる。小タルと思ったが、50m付近から一気に20mぐらいラインが引き出された。ここから日本海のモンスターとガチ勝負だ。

次のページで10kg級タルイカ堂々浮上!

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。