船カワハギ釣りで31cm頭に大型続々 ウネリに苦戦【山口・剛龍丸】

船カワハギ釣りで31cm頭に大型続々 ウネリに苦戦【山口・剛龍丸】

10月14日、山口・下関市の小串漁港から剛龍丸に乗船して、船カワハギ釣りに行ってきた。ウネリの悪条件だったが28cm級の良型も出た釣行をレポート。

山口県のリアルタイム天気&風波情報

(アイキャッチ画像提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

TSURINEWS編集部

船釣り エサ釣り

剛龍丸でカワハギ釣り

10月14日、山口・下関市の小串漁港から剛龍丸に乗船しカワハギ釣りへ。

午前7時前に出港。天気は良いものの風が強く、なかなかのシケ模様。

水深は15~18m。カワハギ仕掛けに、エサは海エビ、アサリを用意した。オモリ15号で着底後、張らず緩めずの状態。いわゆる”ゼロテンション”で仕掛けをキープしたいのだが、波でかなりむずかしい。

船カワハギ釣りで31cm頭に大型続々 ウネリに苦戦【山口・剛龍丸】当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

25cmウマヅラハギ登場

しばらくすると、同船者に本命らしきアタリ。硬めのカワハギザオをたたきながら上がってきたのは、良型27cmの本カワハギ。

すると、私にもアタリ。小気味よい引きで、上がってきたのは25cmのウマヅラハギ。

船カワハギ釣りで31cm頭に大型続々 ウネリに苦戦【山口・剛龍丸】ウマヅラハギもヒット(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

28cm級大型カワハギ手中

エサ取りの活性は高く、エサももたない状況で、集中しながら誘いを入れると、これまでとは何か違う感覚の魚信。聞きアワセを入れると、サオ先を小刻みにたたく感覚。28cmクラスの本カワハギをゲット!

船カワハギ釣りで31cm頭に大型続々 ウネリに苦戦【山口・剛龍丸】丸々とした良型カワハギをキャッチ(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

徐々に風も強くなり、釣りづらい状況。あれだけ活発だったエサ取りの反応も鈍くなり、時折、一番下のエサだけ取られる程度。船内でもぽつぽつと上がる状況。

大型主体の最終釣果

風はどんどん強くなり、立つのも困難になり、10時に早上がり。結果、約3時間という短時間ではあったが、25~28cmの本カワハギ3尾、ウマヅラハギ2尾。船内では1人2~8尾という貧果となった。

しかし型は総じて良く、最大31cmの良型も出た。むずかしいがゆえに面白いというカワハギ釣りを堪能はできた。

船カワハギ釣りで31cm頭に大型続々 ウネリに苦戦【山口・剛龍丸】貧果だが良型が見られた(提供:週刊つりニュース西部版 APC・藤井貴之)

次のページで釣行の反省

現在、一部都道府県に緊急事態宣言が発令中です。外出については行政の最新情報を確認いただき、マスクの着用と3密を避けるよう心がけて下さい。一日も早く、全ての釣り場・船宿に釣り人の笑顔が戻ってくることを、心からお祈りしております。